1. TOP>
  2. Diary>
  3. 北九州は小倉、そして日田

Diary

北九州は小倉、そして日田

2017年04月20日 

3月の終わり。

画家の牧野伊三夫さんと一緒に、牧野さんの故郷でもある
北九州は小倉と大分県は日田を旅する縁に恵まれました。

牧野さんの視点もお人柄も、そして描かれる絵も、
全てがチャーミングでユーモアがあり、
それでいて鋭く、太く、かっこよく。
とにかく一言では言えない何層にも渡ったその魅力に
いつも取り憑かれている私は、牧野さんの目線で眺める
小倉と日田を旅できるとあらば行きたいと、決まった時点から本当に
ワクワクしました。

IMG_7202

「小倉へは船で」。
行き方のディレクションも入りました。

大阪・南港から北九州・新門司港までフェリーが出ているから
それに乗って北九州へ来ると良いですよ、と。

フェリーは名門大洋フェリーという名。
大阪から九州まで、新幹線であれば2時間半で着くところを、
フェリーに揺られる場合は、10時間以上の旅になります。
佐渡島に住んでいたことのある私にとって、
船は案外と身近な存在ではあったけれど、
瀬戸内海を航海するのは初めて。

IMG_7241

実際乗ってみると、これまた一瞬、まさかのタイタニック気分。
佐渡島を往復する船の規模とは格が違うし、
何より船という非日常の空間は、人を高揚される力を持っています。

その後、お風呂に入れば、女子高生たちと裸の付き合いをしたり、
明石大橋を通る瞬間を見たいと甲板に出れば、記念写真に夢中の大学生の集団と相見えたり、
そこでタイタニック気分から一気に修学旅行気分へと様変わりするわけですが、
それはそれで楽しいものでした。

IMG_7251

翌朝。
この風景を見るために、名門大洋フェリーに乗ったのかもしれない。
そんな瞬間を掴みとりながら、新門司港へ到着。
小倉駅にて牧野さんと合流しました。

月天という、最高の小倉ラーメンを食べた後は、
小倉北区京町に開館した「北九州文学サロン」へ。

IMG_7267

牧野さんがサロンのシンボルとして、
陶板画「かがやく太陽、燃える鐵、うたうわれら」をTOTOと共同制作されていたので
それも合わせて見学するために訪れました。
サロン内に展示されていた北九州ゆかりの作家のパネル一覧を見ながら、
こんなにたくさんの作家を生み出した土地なんだと思いつつも、
実際、自分自身小倉の街を踏みしめてみて、納得する部分もあり。
炭鉱の街、小倉は街を射す光がどこか切なくて、淡い感じがあって、
その孤独な振る舞いが、書くという行為に走らせたのかな、などと思ってしまう。
実態のない言葉で申し訳ないのですが、それがとにかく私の実感でした。

IMG_7280

その後、牧野さんの北九州の画室、足立山にもお邪魔して、古い作品をたくさん見せていただき、
敬愛する画家の深層部にたどり着いたような気分をたっぷり味わい、
陽も暮れた頃には、門司港にてそれはそれは人生で一番というお寿司を食べました。

IMG_7291

翌日。
小倉から大分県日田へ。
日田では牧野さんは冊子係として参加しているヤブクグリのみなさんと合流。

IMG_7344

 

「いま、森を見よ!」
の合言葉で、 森を愛する仲間が集い、
日田の林業を中心に何か愉快なことをやっていく会、ヤブクグリ。

私はそんなヤブクグリの周辺に身を置かせていただくことで、
念願だったきこり飯を食べたり、日田杉の現状を知ったり、
ヤブクグリミーティングに参加させてもらいました。

IMG_7324

IMG_7366

そして日田といえば日田シネマテーク・リベルテさんです。
オーナーの原さんがキュレーションした映画作品の上映をはじめ、
牧野さんを含む様々な作家さんによる作品の展示や
カフェスペースもあるリベルテさんは、
映画館でありながら、映画だけではない空間を、
とても大切に積み重ねていました。

私はそこで2度目となる「この世界の片隅で」、
そして「五島のトラさん」を牧野さんやヤブクグリのみなさんと鑑賞。
旅先でそれも朝、映画を観ることは初めてでしたが、
これがまた旅を満たす後押しに。
鑑賞後では、見えている景色が少し変わって見えるから不思議です。

IMG_7374

もちろん、日田の美味しいものもたくさんいただき、
牧野さんが大切にしてきた風景を、一緒になぞるという楽しみを存分に味わい、
私はそのまま別府へ。牧野さんは飛騨高山へと向かいました。

IMG_7293

 

3泊4日。
非日常の時間を過ごしながら、
その土地の日常をつねに探していました。
ワクワクしたり、どきどきしたり、本当に色っぽい瞬間とは、
いつだって日常にあるように感じています。
それを敬愛する人と一緒に共有することは、
幸せと呼ぶんだなあと思った、旅でした。
ここでの旅が、自分の日常にどう作用するのか、
とても楽しみでもあります。

 

 

 

« 3月 2017年4月 5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平