1. TOP>
  2. Diary>
  3. 良いデザインとは何か。

Diary

良いデザインとは何か。

2017年03月20日 

IMG_6931

創刊号から編集ディレクションと執筆を担当している
フリーペーパーTOKYO PAPER for Cultureの最新号(vol.16)が完成して、
現在、都内を中心に配布がスタートしています。
(*ウェブマガジンでも読むことができます)

 

巻頭対談に、宮前義之さん(ISSEY MIYAKE / デザイナー)と
緒方壽人さん(takram / デザインエンジニア)に「拡張していく身体感覚」をテーマに
話をお伺いしたのですが、この対談を通じて、個人的にもハッとさせられたことがありました。

 

エンジニアリング、それは直訳すると工学。
数学も関わる、それは私のとても苦手な分野として、どこか捉えていました。

 

例えばエンジニアリングを自分の身近な領域に置き換えると、
インターネットの世界が思い浮かびます。
まるで暗号のようなアルファベットを打つ=プログラミングすることで、
コンピュータに指示を与え、結果的に私たち人間の思う通りにウェブメディアが構築されていく。
その立役者がエンジニアと呼ばれる技術者だと私は思っていました。
つまり、見た目の意匠がデザインだとするならば、
それを支える構造がエンジニアリング、
となるわけですが、今回宮前さんと緒方さんの対談を聞きながら、
デザインとエンジニアリングは役割は違う。
だけど優れたデザイナーはエンジニアリングのマインドがあること、
またその逆もしかりということを気づかされました。

 

と同時に、何より私はデザインの、美しい構造にいつも惹かれていたんだなあと痛感したのです。

 

編集者という仕事柄、デザインはいつも身近な存在です。
例えば編集者として紙媒体を作るとき、
グラフィックデザイナーが誰よりも仕事のパートナーになります。
編集者が頭の中で設計した企画を、様々なクリエイターの力を借りながら編んでいった先に、
最終的にはデザインの力で「形」になるのです。
形、見た目の意匠は、デザインによって大きく変わります。
ときにデザインがその媒体の性格すら変えてしまうことがあります。
デザインの強さも怖さも美しさも日々感じているからこそ、
デザインには敬意を持って生活してきました。

 

良いデザインとは何か。
私がいつも美しいなと惹かれるデザインは、
見た目だけの意匠に寄りかかるのではなく、
美しい構造にあったんだ、
つまりそれを対談を通してハッとしたんです。
イメージとしては、構造は体幹のようなもの。
体幹がしっかりしていないと人間も不安定になるように、
デザインもまた、体幹がないと不安定になります。
見ていてなんだか気持ち悪い、
落ち着かないデザインはこういうことだったんだと
やっと言葉にできたような気がします。
デザインとはフィジカルなもの、それもまた改めて思い知らされました。

 

ちなみに文章を書くということもまた、
すごくフィジカルな行為だなあとつねづね思うのですが、
そのことはまた改めて綴れたらいいなあと。
« 2月 2017年3月 4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平