1. TOP>
  2. Diary>
  3. 本当に着たいボーダーシャツ

Diary

本当に着たいボーダーシャツ

2017年02月20日 

ボーダーシャツという衣服。
その親しみやすさと定番感に甘えて、
今まで本気で探して手にしたことはなかったかもしれません。
G.F.G.S.に出合うまでは。

dg_5910

このダイヤリーでも過去に何度か触れたことがありますが、
G.F.G.S.は新潟県加茂市発のファクトリーブランドです。
私自身、新潟県出身で加茂は母の故郷ということもあって、ALOYE×G.F.G.S.の記事執筆をきっかけにお正月やお盆に地元に帰る度に、G.F.G.S.のラボに遊びに行かせていただいては、
代表の小柳さんをはじめ、スタッフの皆様にはお世話になっていました。
そんななか、今回、改めてお仕事のご縁にも恵まれて、G.F.G.S.を伝えるための
ビジュアル冊子をディレクションさせていただきました。

dg_5588

G.F.G.S.のアイデンティティとは何か。

ディレクションすることは問いを立てることでもあって、
この問いに対する答えを私は、
新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)を拠点に活動する
ダンスカンパニーNoismをモデルに起用した撮影を試みることにしました。

 

dg_6333

2004年春に創設されたNoismは、創設から現在に至るまで、
ずっと国内唯一の公共劇場専属ダンスカンパニーとして、革新的な活動を行なっています。
既存の型を打ち破りながら、自分たちの型を作る振る舞いは、
完全受注生産で、1着からオーダー可能な型を取るG.F.G.S.のマインドに近しいものを感じました。

 

dg_6260

自分たちの道を突き詰めていくという攻めの姿勢。
活動のフィールドは違っていても両者の根底に流れているものはきっと繋がっている。
そう信じながら、「街は踊る。」をテーマに、
撮影のためのチームを組みました。

そして撮影本番。

現場の雰囲気には本当にしびれました。
地下駐車場も舞台にしてしまうNoismという、
身体性の強度にただ圧倒されながら、
いわゆるファッションカタログという言葉では片付けられない何か違う手触りのしたもの、
それは「The first G.F.G.S. archive in 2017」へと導かれていきました。

 

しなやかな身体が纏うボーダーシャツは、G.F.G.S.の新作になります。

 

dg_6666

環境は人を左右するものです。
東京の快晴も好きですが、
新潟の鉛色の空でしか生まれない文化や表現もきっとあると思うのです。
私自身、とても良い経験をさせていただきました。
« 1月 2017年2月 3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平