1. TOP>
  2. Diary>
  3. 民具木平の市場調査 第20回 It’s a Sony 展 ”It’s a Sony”

Diary

民具木平の市場調査 第20回 It’s a Sony 展 ”It’s a Sony”

2017年01月30日 

ソニー創業70年、開館から50年を迎え、惜しまれながらも2017年4月1日から解体が始まる銀座ソニービルに「It’s a Sony 展」を見に行ってきました。

ソニービルは建築家の芦原義信先生の設計で、ニューヨークのグッゲンハイム美術館のスキップフロア版とでもいうべき独特の「花びら構造」による建物で、僕も多いに影響を受けている。

芦原先生は武蔵野美術大学の建築学科の創設に関わった重要人物であり、経歴を調べるとマルセル・ブロイヤーの事務所で働いていたこともあるようだ。芦原先生設計のムサビの4号館は僕の好きな建物のひとつである。

DSC_0463

展示は1階から4階まで6つのコーナーにより構成されていて、まずはマガジンハウスの雑誌「POPEYE」による、「My Favorite Sony」のコ−ナーから始まる。

DSC_0518

実は僕も今発売中の「POPEYE 2月号」の138ページ、連動企画にて僕の「My Favorite Sony」を紹介させていただいているので是非ご覧いただけたらうれしいです。

DSC_0526
通友会!
東京通信工業株式会社はソニーの前身となる会社である。


DSC_0539
天皇陛下のインターホン(1949)
〜昭和天皇と侍従と女官を結ぶ、使いやすいインターホンを作って欲しいという宮内庁からの依頼を受け制作したもの〜

DSC_0543
電気座ぶとん(1946)

DSC_0550-edit
電気炊飯器(1945)

上の座ぶとんといい、炊飯器といい、今で言うところのいわゆる「家電」というよりか、完全に現代民具という言葉が似合う様相を呈している。

DSC_0596
ランドセル贈呈式
すばらしいプレゼント。社員も子供もこんな感じでランドセルを贈呈されたらうれしいよなー

DSC_0601
デザイナーの三宅一生氏が手がけた自社ユニフォーム(1981)
夏冬兼用にするため、袖がファスナーによる脱着式。

DSC_0680
映像だけでなく、そのもの自体が美しいトリニトロン管
なかなか見れないいいモノを見れた。

DSC_0765
実家にはものごころがついたころから「プロフィール」(1980)という、これの前身のアルミダイカストの脚がついたシルバーのモニタがあったのですが、これはその後継モデルの「プロフィール Pro」
その映し出される映像や、スタッキング可能な形状の美しさはもちろんのこと、僕が思春期の頃の原宿や青山等にあるファッショナブルなブティックには必ずと言っていい程、このモニタが置いてあって、アブストラクトな映像や、ショーの映像等、僕の日常とは違うかっこいい世界が映しだされていた。


DSC_0780-edit

DSC_0785
度肝を抜かれたのがこちらのジャンボトロン。
森にそびえ立つ、高さ25メートル巾40メートルという、およそ8階建ての建物のような大きさの巨大スクリーンはなんとも異様な光景だ。
大阪万博のときの岡本太郎による太陽の塔もすごいが、つくば万博のジャンボトロンも負けず劣らずすごいじゃないか!
5歳だった僕も、かなりの盛り上がりを見せていたつくば万博には一度は訪れているはずなのだが、これはまったく記憶にない。地元のセイブというスーパーで買い物をすると「コスモ星丸」のソフトボールくらいのサイズのぬいぐるみやステッカー等が貰えた記憶がある。あれは手元に残しておけばよかったなあと後悔。
大学の卒業制作ではカセットデッキにテープの代わりに人が入れる等身大のラジカセをつくり、団地のベランダにはめ込むというミクストメディアによるインスタレーションをおこなったが、ひょっとしたら、記憶の奥底にこのジャンボトロンがこびりついていたのかもしれないなと今になって思う。


DSC_0776
これはそのジャンボトロン型のラジオ(笑)

DSC_0880
「my first Sony」群


DSC_0909
そして極めつけは「プロフィール Pro」型のクッション(たぶん)
あの頃買えなかった「プロフィール Pro」だけど、いまさら実物は重いからこっちをインテリアに取込んでみようかと思案中。

It’s a Sony

« 12月 2017年1月 2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平