1. TOP>
  2. Diary>
  3. 民具木平の市場調査 第19回 大ラジカセ展 ”Dai Radicasse Ten Exhibition”

Diary

民具木平の市場調査 第19回 大ラジカセ展 ”Dai Radicasse Ten Exhibition”

2016年12月30日 

大ラジカセ展、最終日の夕方にすべりこみ。http://dairadicasseten.haction.co.jp/
ラジカセと、多岐にわたるその周辺文化と媒体を織り込んだ、情報量の多い素晴らしいExhibitionでした。

ラジカセそのものについては、ラジカセのデザイン! 増補改訂版 (立東舎) 松崎 順一 ラジカセ for フューチャー: 新たに根付くラジカセ・カセット文化の潮流 松崎 順一 、またはラジカセのデザイン! JAPANESE OLD BOOMBOX DESIGN CATALOG [DVD] などで、チェックしていただくとして、今回の調査報告では、ラジカセ周辺媒体の展示のほんの一部をぼくなりに切り取ってみようと思います。

R0016306-edit-low

R0016302-edit-low

R0016300-edit-low


R0016368-edit-low

カタログ関係です。基本的には「美女×ラジカセ」という鉄板の構図ではありますが、時代や機種によって演出がいろいろで、森の中での清楚なワンピース姿の女性であったり、宇宙服を連想させるSF系、暗闇の中でジーパン一丁で正面からの強風に煽られながらゲットーブラスターを担ぐワイルド系などなど、テーマが多岐に渡っており、つくるのが楽しそう。

R0016388-edit-low

竹の子族の写真です。
〜音を拡散させるため、スピーカーが上を向くようラジカセを寝かせておいている。〜(時事通信フォト)

R0016394-edit-low

ラジカセのあるこども部屋をイメージしてつくられたカセット体験のコーナーです。

R0016398-edit-low

壁にはつくば万博 ’85のポストカード!!
まさにぼくの世代のこども部屋はこんなかんじでした!正確な時代考証に基づくスタイリングが素晴らしいです。

R0016432-edit-low

R0016332-edit-low

伝説の「カセットマガジンTRA」全編を特別公開。展示協力:ミック・イタヤ


R0016337-edit-low

ビックリハウス

R0016449-edit-low

「民間薬」
どんな内容なのだろう

R0016482-edit-low

「カセットは語る」のコーナー
〜クリエイターによる「オリジナルカセットアート」や「コレクション」を紹介します。音だけでなく思い出や時代も記録するあたたかなメディア=カセットテープに何を描き記録するのか!〜

上の写真はイラストレーターの安齋肇さんの空耳アワー資料。
音だけでなく、インデックスにメモやグラフィックなどを記録できるというのが、今考えるとすごく利便性の高い媒体であったことを認識させられる。


R0016488-edit-low

僕の中での今回の目玉のひとつ、イラストレーターの永井博さんのコレクション。
年末の忙しいなか、どうにかすべりこみましたが、このコレクションをみれただけで、十分にもとをとれた感があります。

〜Q ラジカセまたはカセットテープの魅力を教えてください〜

〜A ジャケットを自分で作るたのしみ、好きな曲をいれられるとか。※むかし作ったのは波の音とかを曲のあいまにいれたりした。〜


R0016409-edit-low

SHARPのラテカセ、CT-6001 Color-TV THE SEARCHER のうしろ姿です。
近年アイホンのカメラがわずかに出っ張ってるとか騒がれたりしていましたが、みてください!この男らしいブラウン管の出っ張りを!!

R0016434-edit-low

J-WAVEの開局ポスター(1988年)です。
デザイン:ジェイ・バイゴン
かっこいい

R0016510-edit-low

「郷太」と書かれたステッカーが貼られた西寺郷太さんのコレクションです。
R.I.P George Michael

この日、幸運にも取材のために会場を訪れていたデザインアンダーグラウンド主宰の松崎さんに少しお話しを伺う事ができて、来年からの動きもさらに楽しみな感じでワクワクしています。
実は10年以上前に一度、おそらく設立されてまだそう時間ががたっていない頃に、足立区にあるデザインアンダーグラウンドの工場を訪れたことがあり、そのときも松崎さんに色々とお話を伺う機会がありました。その後、青山のシボネさんでラジカセが売られたり、本やDVDを出版されたりと、松崎さんの精力的な活動を遠目に見ていたので、今回の展示で再びお会いする事ができたのはとても感慨深かったです。
来年は「MY WAY」の発売も控えていて、ますます目が離せないです。

 

 

« 11月 2016年12月 1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平