1. TOP>
  2. Diary>
  3. 私の台湾

Diary

私の台湾

2016年10月20日 

IMG_4983

IMG_4375
いかにもなムードを漂わせている、ローカルレストラン。

惹き付けられてお店のドアを開けると、先客がいた。私はその姿に一瞬で釘付けになる。先客はとうもろこしを食べていたのだが、わしわしとかぶりつくその姿は、本当に野性味に溢れていたのだから。

その食べ方じゃあ歯にコーンがたくさん詰まってたまらないのでは…?

本人からしたら随分と余計なお世話だ。でもそんな風に心配をしてしまうほど、先客ととうもろこしとの関係性はある意味で濃密に見えた。

Processed with VSCO with f2 preset
「Excuse me」。
気持ちを切り替えて、注文をしようと私は声を張ってみると、
その先客が立ち上がって私のもとにやって来た。
「What can I get you?」
!? !? まさかの「先客」は、お店の「店員」だった。
私という客が自分の店に入って来ようとも、まったく動じずそれもわしわしと
とうもろこしを食べ続ける店員に出会ったのは、人生で生まれて初めて。
動揺しつつも、なんとか注文を済ませる私。「OK!」と笑顔を送るその店員さん。
その笑顔を見ながら、例えお客さんの目の前でもお腹がすけば、
とうもろこしを食べるのはありなのかもしれない、
とさえ思い始める自分がかすかに存在している。
 Processed with VSCO with f2 preset
このひとこまは、あくまで全体のなかのひとこまではある。
でも台湾人のみなさまは、基本的にこのようにどっしりと、そして些細なことでは動じない方が多いのだった。

その印象を台北の代表的なお茶と生活工芸のギャラリー、小慢のオーナーの謝小曼さんに話をしてみると、

『それは台湾にはお茶の文化があるからよ』と、小曼さんは答えた。私はそんな小曼さんの一言に、清々しい風を感じたし、腑に落ちた。
Processed with VSCO with m3 preset
Processed with VSCO with c1 preset
Processed with VSCO with c1 preset

 

つくづく文化とは、即席では生まれないものなんだよなあと、ひとりしみじみと、
実感している今日この頃です。
« 9月 2016年10月 11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平