1. TOP>
  2. Diary>
  3. 民具木平の市場調査 第16回 東京アートブックフェアとケミカルウォッシュ ”THE TOKYO ART BOOK FAIR & CHEMICAL WASH”

Diary

民具木平の市場調査 第16回 東京アートブックフェアとケミカルウォッシュ ”THE TOKYO ART BOOK FAIR & CHEMICAL WASH”

2016年09月30日 

今年は9月16日(金)から9月19日(月)の4日間、京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパスにて開催された THE TOKYO ART BOOK FAIR に行ってきた。

DSC_8378-edit

前々から気になってはいたもののなかなか来れず、今回はじめてTABFを訪れました。

DSC_8381-edit

外苑のこんな場所にこんなおしゃれなキャンパスがあって、フェアがこんなにもりあがってるなんて今までまったく知らなかった。

DSC_8385

今回僕が当フェアに参加した理由はただひとつ。フェアの数日前にフェイスブックのタイムラインに流れてきてた「ケミカルウォッシュ」というユニットをこの目で見るためだ。

腰の重いぼくが、これだけは自分の目でしかと見届けなければと動いたのは、思い返せば2005年9月28日(水)高円寺の円盤で行われた東大卒、長身ラッパーのゾノネムさんの初ライブを見に行ったとき以来ではないだろうか。当時(今も)夜型だった私の日常の中でJ-WAVEのTR-2という深夜番組の、火曜日のみうらじゅんさんの回と、水曜日のリリー・フランキーさんの回は特別で、毎週欠かさず聞いていた。Podcastなんてなかった時代なので、カセットテープに、途中からはパイオニアの音楽用のCD-Rレコーダーを購入して、可能な限りエアチェックを行っていた。それは後におなじくパイオニアの録画用のハードディスクレコーダーへと媒体が代わり、ラジオチューナーから赤白のラインをそれに接続して、録音時間の壁から解放されるという便利さを手に入れるのであるが、ポッドキャストやYouTubeなるものが普通となった今からしてみれば、自分すごい頑張っていたなとしみじみと思う。その伝説的なゾノネム初ライブでは円盤の狭い階段の長蛇の列をどうにかかき分けて、僕は夢中になってSONYのマイクロカセットのテープレコーダに音源を記録した。

TR-2に関しては、火曜も水曜もどちらもおもしろかったのだけれど、特に水曜日は、某雑誌の編集をされていたラッパーのゾノネムさんや、当時学生だったDJインターネットさんなどのいわゆる業界の外の逸材たちの才能が電波から溢れだしてきた時期であり、ちょうどその頃発売されたリリーさんの著書「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」が売れに売れたりと、内と外、素人と玄人、リスナーとパーソナリティ、現実と虚構などという垣根を容易に飛び越えてのメディア・ミックス感がおもしろかった。

ひとつ前の時間帯の24:30〜26:00にかけてオンエアされていたSOUL TRAINという番組から、26:00〜28:00までのTR-2という深夜にリスナーと作り手が一体となって番組をつくっているグルーヴ感はエキサイティングで、とても聞かずに寝てなどはいられなかった。

要はまあ、それくらい気になったということである。

「クラフト」ということばが飲食の世界でももてはやされ、牛丼チェーンの松屋でさえもが「無添加」の大きな三文字を掲げているこの時代において、クラフトからケミカルまで、両極を示してみせようじゃないかという江口宏志さん(ケミカルカクテル開発・ディレクション)の気概というか、壮大な遊びの両極の片側を僕も生で見ておきたかったということです。

DSC_8389

ケミカルウォッシュといえば僕がものごころつく頃まさに流行っていて、自分もご多分に漏れず、蛍光イエローのスーパースター(ミズノ)のサイクリングキャップに、バドワイザー柄の白いTシャツ、足元は国道沿いの靴流通センターの外のワゴンで売っている380円の白いデッキシューズで紐を蛍光グリーンにエディットした。背中面に黒と金色の大きなBATMANのステッカーを貼った黒い合皮のリュック、そしてズボンはおさがりのツータックのジーパンを母の協力のもと風呂場で漂白剤で脱色したケミカルジーンズというのが小学校4〜5年生の頃の僕の一張羅だった。スーパースターとか、とんねるずとか、懐かしい。

DSC_8394

午後に訪れたときにはすでに5品目のうち3つはSOLD OUTだった。

DSC_8431

肩の部分が裂けたGジャンを着用したケミカルガールが後ろ向きになにやら怪しい袋から何かを取り出している。
普段は自然光での撮影がほとんどだけど、ケミカルガールにはストロボの光がよく似合う。

DSC_8432-edit

理科の実験室や保健室でみられそうな容器に数字やアルファベットの頭文字が一文字だけ貼られている。
見るからにケミカルな白い粉末に一抹の不安を覚える。

DSC_8434

この日は都合によりアルコールを呑むことができなかったため、偶然出くわした西田さんが注文したカルーアミルクの調合作業を見せていただいた。
イキイキとした表情で、ケミカルスポイトを巧みに使い5番というラベルが貼られた瓶から液体を吸い上げるケミカルガール。

DSC_8435

完成したカルーアミルク。途中牛乳も入れていて、なんだか健康そうじゃないか。
一口というか半口、なめる程度テイスティングさせていただいた。味は悪くない。
西田さんはおいしいと言って呑んでいた。

DSC_8436

ケミカルドリンクも味見させてもらったことだし、TABFの会場内でも見てみようと思い、建物の方へ向かうと、人混みの中にケミカルガールを発見。
待ち合わせだろうか。おもわずシャッターを切る。(後日、ご本人の了解を得ています。)

DSC_8437

見つかってしまった。
ピントが合ってなくても、なんかキラキラしている。江口さんもケミカルガールもすごいなあ。(後日、ご本人の了解を得ています。)

DSC_8397

中では様々な出版物とそれに関わるありとあらゆるモノが売られており、にぎわっていた。

DSC_8402

インターナショナルなセクションも。

DSC_8462

世界で一番エッジーなサッカー誌と思われる、SHUKYU Magazineも。

DSC_8476

DSC_8479

建物を出ると日が暮れており、ケミカルカクテルが全て完売していた。
ケミカルウォッシュが次はどんなイベントに出店するのか、目がはなせない。

途中、初めての方や、普段なかなか会えない方々にお会いできたりと、TABFの注目度の高さを確認できたと同時に、皆様のいいオーラを分けていただけたりと、良いリサーチとなった。

たった一口でしたが、久しぶりに摂取した牛乳成分とおそらく入っていたであろうベーキングパウダー的なケミカルのケミストリーに負け、お腹がパンパンのまま帰路についた。

« 8月 2016年9月 10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平