1. TOP>
  2. Diary>
  3. 祝・初の片貝まつり

Diary

祝・初の片貝まつり

2016年09月20日 

一昨年のダイヤリーで書かせて頂いたが、新潟出身である私は、
毎年8月2、3日は長岡花火を観るべく帰省するのが習慣になっている。

自分の地元に長岡花火があることをいつしか誇りに思うようになっていた私は、
全国各地が花火シーズンを迎える夏のひとときも「花火鑑賞は長岡花火で十分、十分」
などと、どこかで決めつけていたようなところがあったかもしれない。

だから例えば両親や友人から長岡の隣町・小千谷でも「片貝まつり」という花火大会で、
大きな花火が上がることを聞いても、「そうか〜」とは思っても、
こちらは毎年9月9日、10日だというし、自ら行こうという気にはならなかった。
そんな私が、今年はその片貝まつりにご縁があった。
なぜなら東京の友人が片貝の花火を見たいと提案してきたのだ。
長岡花火も一緒に見たことのあるその友人が、
「長岡もいいけれど、小千谷の片貝まつりで上がる花火はもっと素朴で魅力的だと思うの」
というのだ。すでにその時点で友人は、宿泊用のホテルも花火鑑賞用の桟敷席も
確保してくれていた。その本気度たるや。
これはご縁なんだなあと確信した私は「ぜひ行きたい」とすぐに返答をした。

Processed with VSCO with m5 preset

ポツリポツリと降ってくる雨に迎えられながら、9月9日、小千谷は片貝まつりの会場へ到着した私たち。

なんだろう、この土着的なムードは。会場に足を踏み込んだ瞬間感じるそのムードは、
長岡花火の質とはまた全然違っていた。それはまるで
小さな歴史の積み重ねの上に自分が立っているという感触。
このムードは即席ではできない。長い長い時間がかかっている。それだけは皮膚感覚でわかる。

聞けば納得だった。片貝まつりの歴史はなんと400年。
江戸時代、町内の各家庭で花火を作って個人や近所などの少人数で打ち上げをしていたことが、
始まりだったという。その精神は引き継がれ、現在もなお、老若男女問わず、
様々な思いを込めて花火を奉納している。
そうやって片貝まつりは紡がれてきたのだ。

上の写真はまさに、人々が奉納した花火が記された看板だ。
文字の凛々しさ、さらには文字組みの美しさに惚れ惚れする。
この看板を見ただけでも、歴史の重みと人々の想いが伝わってくる。

 

Processed with VSCO with g3 preset

片貝まつりは、日本で最初に「正三尺玉」や「正四尺玉」を打ち上げたことでも有名で、現在もまた、世界最大といわれる「四尺玉」が打ち上がる。

会場にはその原寸大の玉も置かれていて、人々が終始囲んでいた。

 

Processed with VSCO with m5 preset

浅原神社の裏の大木から垣間見る花火。何とも言えない風情がここにある。

視界を遮るものがない長岡花火に親しんでいた私が、花火を遮るものに愛おしさを覚えるなんて。
自分でもびっくりだ。私たちの祖先もまた、同じ風景を見ていたのだろう。
見えないけれど、命はつながっている。

 

Processed with VSCO with m5 preset

神社をこえて、桟敷席へと向かう。

暗闇の中、席の番号を表した緑とピンクの提灯が、道を照らす。
等間隔席の明かり。それは日常から非日常へと私たちを運んでくれるようだった。

「◯◯ちゃん、3歳の誕生日おめでとう」
「◯◯、還暦おめでとう」
個人の時間と想いがめいいっぱい詰まったメッセージとともに、
それぞれに奉納した花火が、ドーンと打ち上がっていく。
小さな単位の祈りや祝祭が、花火という共通の固体によって、みんなのものになる。
なんて素敵なハレの日なのだ。

長岡花火の大衆の祈り、片貝まつりの個的な祈り、どちらも素晴らしい新潟の文化だ。
それを体感することができて、本当に良かった。

「来年は私も片貝で花火を奉納したい」。

花火を見ながら友人がぽつり。
え!!本気??と思ったが、その表情からしてどうやら…..本気のようだ。

 

みなさん、私の2017年9月9日、10日の予定はすでに埋まりました。

Processed with VSCO with m5 preset

 

 

« 8月 2016年9月 10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平