1. TOP>
  2. Diary>
  3. 民具木平の市場調査 第14回 Pfützeのあたらしいアトリエ  ”Pfütze New Atelier”

Diary

民具木平の市場調査 第14回 Pfützeのあたらしいアトリエ  ”Pfütze New Atelier”

2016年07月30日 

今日の夕方、とある植物園に面するビルの最上階に引っ越した Pfütze のあたらしいアトリエに行ってきた。
植物や自然の事象をモティーフに作品をつくる二人にはぴったりな場所だ。
まだ引越や改装の作業中でバタバタしている中だったが、うれしいことに、きたくんとあやちゃんから民具木平のテーブルをオーダーしていただいていたので納品に行ってきた。

DSC_7109

ここに来るのは二回目だけれど、はじめてきたときから一瞬でこの界隈もアトリエも好きになってしまいました。

DSC_7114

東京の真ん中なのにどこか懐かしいかんじ、でも江東区とかの東側とはまた違う。植物園を抜けて吹いてくる風が植物や土の匂い、湿度などを運んできて素晴らしく心地よくて、どこかの旅先にいるような感覚に陥る。

DSC_7117

DSC_7118

DSC_7120

DSC_7122

「引っ越したばかりでカーテンもまだ用意できてないから、その辺にある布をカーテン代わりにしてるんだよ」と、あやちゃんが言ってた西日に照らされた日除けの布達。
同じ「白」とはいうものの、色々な「白」があるわけで、光を通すとその違いが更に強調されているようでとても美しかったなあ。僕はこのままでもいいと思うのに。
エアコンの風にフワフワと靡いていた。

DSC_7127

DSC_7129

じゃん! この眺望!
手前にあるのは桜の木で、春にはまたすごい景色になるんだろうな。
何を隠そう、ここのアトリエは最近の僕の羨ましい物件ランキングで一二を争う物件なのである。
この感じでこの広さ、きたくんますますやりたい放題だなあ。

DSC_7133

DSC_7136

きたくんは僕の尊敬する友達の1人で、その妥協の無い美意識の追求と、ものづくりへの真摯な姿勢にはいつも刺激をもらったり、襟を正されたりしています。
アトリエではそんな彼らの美意識が随所にみられる。
既存のトイレットペーパーホルダーにサンディングを施し、さらにカバーの形状をエディットしたらしい。

DSC_7137-edit

DSC_7151

ゲロルシュタイナーと、いいアイス。

DSC_7153

奥に見えるのは前に作らせてもらった、彼らの商売道具である、トレーワゴン兼、道具箱兼、接客テーブル。

DSC_7155

DSC_7157

近くには大きな印刷所があるので、紙屋さん等この界隈にはそれに関連する小さな工場っぽい企業が多い。

DSC_7176-edit

今回作らせていただいたのは「Settler’s Table」。テーブルと言っても正確には脚だけで、天板はきたくんの制作によるもの。
僕の知っている人間のなかでも、ひときわこだわりの強い彼の塗装の仕上は素晴らしく、独特な材料と手法を用いて手作業で仕上を施すことにより、家具屋の工業的な塗装とは全く別の仕上がりとなり、美術の領域に入るであろう存在感が漂っている。しばらく前にこの仕上を見せてもらって以降、ぼくもこの質感の虜になってしまった。

2メートル×90センチメートルのタモの天板と、無垢の鋼板の脚。キタくんとあやちゃん二人だけではちょっと動かせなさそうな、どっしりと重たいテーブルが完成した。途中メインテナンスをしていけばきっと3代先まで余裕で使えるだろう。

結局テーブルが組み立てあがった頃には完全に夜になってしまった。また日の光があるときに桜の木を背景に写真を撮りにこないとな。

ぼくもこのあたりに引っ越したい。

« 6月 2016年7月 8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平