1. TOP>
  2. Diary>
  3. 民具木平の市場調査 第13回 ルイ・ヴィトン  ”VOLES VOGUEZ VOYAGEZ LOUIS VUITTON”

Diary

民具木平の市場調査 第13回 ルイ・ヴィトン  ”VOLES VOGUEZ VOYAGEZ LOUIS VUITTON”

2016年06月30日 

この日記では「民具木平の市場調査」というタイトルの通り、庶民の私がさまざまな市場を調査する日記であり、結果的に調査する対象も庶民的なものが主となるのが常ではあるのですが、なにも端から庶民的なものに限定しているわけではございません。それを裏付けるべく、今回は、庶民ではなく主に貴族をとりまく市場を調査してきました。

そんなわけで麹町の特設会場で行われていた ”VOLES VOGUEZ VOYAGEZ LOUIS VUITTON”にいつものごとく会期終了直前に滑り込みで行って参りました。
http://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/heritage-savoir-faire/tokyo-expo#/article

会場はたくさんの観覧客で混み合い、中には『招待券』で入場したと思しきヤンエグ風の男が連れの女性に「招待客と一般客で、見る時間帯を分ければいいのになあ」などという、ある意味現代の階級社会を彷彿とさせるような発言が聞こえてきたりと、いわゆる一般的な美術館やギャラリーでの催しとは少しだけ違う雰囲気を感じました。

エキシビションでは過去から現在までの膨大な製品や、資料、道具等、普段見ることのできない膨大なアーカイヴが展示されていて見応え十分な内容であった。
全てに焦点をあててしまうととても16枚の写真には収まりきらないので、写真や紙の平面資料を中心に、「製品のつくられる現場」「道具」「旅」そして「アーカイヴ」を中心に調査の記録としておこう。

DSC_6454

入口を入るとすぐに、若きルイ・ヴィトンの肖像画が迎えてくれた。大きな円形というのはなんでこうも魅力的なのだろう。
ちなみにルイは16歳から荷造り用の木箱製造職人兼荷造り職人としてパリで働き始めた。鉄道が発達し始めた当時のフランスでは貴族達が “旅” に目覚め、自分専用の木箱を職人につくらせるというのがならわしで、ルイはその丁寧な仕事ぶりから、貴婦人達の間で次第に噂となり、ついにはベルサイユ宮廷人達を顧客にすることに成功したということである。ルイはいわゆる叩き上げの職人なのである。自分も同じくモノをつくる立場として、希望を持てるいい話である。

DSC_6470

元々が木箱の製作がルーツなので当たり前と言えば当たり前なのだけれども、木工にまつわる写真や道具等のアーカイブが予想以上に多くて、ワクワクした。

DSC_6472

時代が時代なので道具がとても原始的。
職人達の背後の棚には薄く挽かれた板材が積み上げられている。

DSC_6473

窓際に並べられた叩き台で箱を組み立てる。
手前には手押し鉋が確認できる。

DSC_6476

様々な道具が記された資料。もちろんモーター等はついていないし、西洋と東洋の違いはあれども、基本的に現在の道具と原理は同じである。

DSC_6481

大工道具の現物が並べられている。これは日本で言うところの毛引きであろう。

DSC_6492

出荷待ちの製品倉庫であろうか。箱が整然と並ぶ様子は見ていて気持ちがよい。

DSC_6495

手押し鉋盤で木端を削る職人のイラスト。

DSC_6500

こちらは表面にキャンバスが貼られていない、おそらく職人達が使っていたものと思われる木地のトランク。

「当社の努力の成果を挙げるならば、まずは木材を使用した平らなトランクを普及させたことであろう。多くの発明の中でも、1.細い木の板で保護・補強したトランク、2.野営用ベッド・トランク、3.密閉式の亜鉛製トランクが良い例であろう。そして、4つ目に2つの錠前の発明(2つ目は競合も模倣できなかった。)、そして集大成はロンドン店のオープンである。」ジョルジュ・ヴィトン

DSC_6641

こうした貴族達の写真を眺めていると、電車から車、飛行機と乗り物の変遷がみえておもしろい。

DSC_6664

飛行機と貴婦人。

DSC_6665

飛行機と貴婦人。
インスタグラムなどというサービスは当時あるわけはないが、まあやっていることは根本的には今と同じでそれもまたおもしろい。

DSC_6638

ユルゲン・テラーの広告キャンペーン。

DSC_6723

ガストン・ルイ・ヴィトンが古いトランクの所有者に送付した「質問表」、個人的なコレクションの充実を図ることを目的とした。1930年頃。
1930年頃、すでにこのような質問表を所有者に送り、過去の製品アーカイヴを構築しようとする姿勢が伺える。

DSC_6722

クライアント・ファイル

DSC_6707

「トランクの用途は実に多種多様だ。あらゆる注文に応えるべく、考えうるものを作りきったと思ったのも束の間、毎年新たな注文が舞い込むので、お客様が求めるものを想像しながら最善を尽くしている。それらを形にし、我々が過去に製作してきたリストに加わっていく。硬貨や腕時計のコレクション、ポロ競技用のクラブ、テニスラケット、タイプライター、口述録音機、蓄音機、写真機、X線撮影装置、釣具、ウィッグ、巨匠の描いた油絵、書物や手書原稿など、専用のトランクが次々に生まれた。最近では、大量の避妊具を収納するために作られたトランクもあったほどだ。」ガストン・ルイ・ヴィトン

庶民もいいですが、貴族もまたいいですね。

« 5月 2016年6月 7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平