1. TOP>
  2. Diary>
  3. 民具木平の市場調査 第8回 下町のパトリック・ブラン    ~辰己篇~ ” SHITAMACHI NO PATRICK BLANC ~ TATSUMI EDITION ~ ”

Diary

民具木平の市場調査 第8回 下町のパトリック・ブラン    ~辰己篇~ ” SHITAMACHI NO PATRICK BLANC ~ TATSUMI EDITION ~ ”

2016年01月30日 

前回に引き続き下町のパトリック・ブラン(以下PB)のリサーチ。

今回はボクが仕事場を構えている新木場の隣駅の辰己を歩いてみる。

辰己は江東区南部に位置する四方を運河と東京湾に囲まれた埋め立て地で、東西に走る湾岸道路の北側には広大な敷地の辰己の森海浜公園と1967~69年に建設された辰己団地(都営辰己一丁目アパート)が広がる。

タワーマンションの建設など近年開発が著しい豊洲や、ゼロ年代初頭に完成したUR都市機構のオシャレ団地「キャナルコートCODAN」を筆頭とする東雲などの近隣地区とのギャップがおもしろく、運河に架かる橋を渡り辰己に脚を踏み入れたとたんに感じる、そこだけ時間の流れが止まっているかのような懐かしさや団地特有の緊張感が好きだ。

そんなウォーターフロントを代表する孤高の島とでもいうべき街を歩いて見ると下町のPBの独自の仕事をまざまざと見る事ができた。

DSC_1876-edit

まず幸先よく目に飛び込んできたペットボトルを巧みに加工し再利用したプランターや風車の群集。

 DSC_1885-edit

サイモン・ロディアのワッツタワーやシュヴァルの理想宮に通ずるようなコンプレックス感が凄まじい。ナイーヴ・アートやアウトサイダー・アートの括り入ってくる作品であろう。

DSC_1897-edit

コンパクトディスクの鳥除け。

 DSC_1900-edit

定番アイテムの一つである大容量の焼酎の空きボトルに水を入れた猫除け。

 DSC_1942-edit

PBは身の回りもので問題を解決することに長けている。こちらは網戸を利用した風除け(?)。

 DSC_1950-edit

身の回りのものとは何も人工物に限ったことではない。こちらは樹木を利用して仕事道具を収納している。雨除けにもなるし、そもそもプランティングに使う道具はプラントに引っ掛けるのが一番便利なのかもしれない。

 DSC_1971-edit

畑に生きるサボテンははじめてだ。目が合ってしまい少し戸惑う。

 DSC_1989-edit

下町のPBは大工仕事も卒なくこなす。実践に基づく構造感覚がすばらしい。

 DSC_2035-edit

唐突に中層棟の妻側にボクの好物があらわれた!当ダイアリー第一回でも取り上げた「P箱」に足場板を乗せてつくられた縁台である。上には盆栽のコレクションが並ぶ。

DSC_2057-edit

現実だか映画かなにかのセットだか分からなくなるくらい完成されたヴィヴィッドだけど涼しげな光景。

DSC_2097-edit

勢いよく育つキャベツ(たぶん)。

DSC_2102-edit

団地ホワイトの外壁にボタニカルな影が映えて美しい。おもわず立ち止まる。

DSC_2118-edit

他の追随を許さないバランスで成立しているリンゴ箱を利用したシェルフ。

DSC_2137-edit

若い娘の嫁入りのように美しい。鳥除けネットをまとった樹木。

DSC_2152-edit

メッセージ。

DSC_2159-edit

H E A V E N 。さながらペットボトルの楽園である。

2020年の東京オリンピックを控え一層開発に拍車がかかる東京湾岸エリアで、奇跡的に手つかずのまま聖域とでも言うべき姿を残す辰己の空気を感じられるのも実はそう長くはないのかもしれない。

« 12月 2016年1月 2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平