1. TOP>
  2. Diary>
  3. 猫と暮らせば

Diary

猫と暮らせば

2016年01月20日 

L1255172

Journalの1月号、グリーンモーションと猫の物語「猫との暮らしに寄り添う、グリーンモーションのある風景。」が公開中です。

http://www.marcs.co.jp/journal/029/

スクリーンショット 2016-01-18 13.44.50

子供もそうだが、ペットとの暮らしには普通の暮らしとは少し違う角度で、身の回りのことを気にしなければならないことがある。猫のジャスパーと暮らすようになって初めて気がついたこと。
ついつい放って置きがちなものを束ねるためのクリップや輪ゴム、小さなゴミは誤飲をしてしまうと危険なので、すぐに片付けるようになったし、テーブルの上の食べ物、棚の上の割れものは、猫が手をだしていたずらをすることがあるので、つねに整頓しておく必要がある。

そして、毎日の掃除や洗濯、洗い物に使う洗剤にも注意が必要だ。小さな子供もそうだが、洗剤に含まれる成分には、誤って使うと子供やペットの健康に害を及ぼす成分が入っていそうで、気になる。

いろいろネットで調べて、エコなクリーナーを探してみるが、デイリーに使えるよさそうなものがあまりない。
そこで最近出会ったのが、100%植物由来の成分を使用したグリーンモーションのエコクリーナーシリーズだった。
なかでも洗濯用液体洗剤「エコランドリークリーナー」は優れものだ。ポンプのノズルを洗濯ものの量に応じて数回プッシュするだけの気軽さもいいし、使用量を考えれば意外に経済的である。植物由来の洗浄成分を使用しているため洗濯後排水された7日後にはすべての成分が生分解されるというもの。それとなんといっても、10倍に薄めるだけで、同シリーズのエコマルチクリーナーのリフィルとして使えるのもいい。

最近では、感度の高いセレクトショップやお洒落なスタイリストの方が愛用、との記事を目にすることも少なくない。
個人的にも実際に愛用してみて、これは優れたアイテムなので、ぜひ一度試していただきたいなあと思っている。

スクリーンショット 2016-01-18 13.45.18

今回の記事の撮影では、友達の猫さん、ミツバちゃんにもご協力いただいた。ミツバちゃんはスコティッシュフォールドの女のコで、雑誌にでたり、シールにもなっている猫界では人気の有名猫さん。
旺盛な食欲で、撮影にはおやつが欠かせなかったのはいうまでもない。

L1254616

いろいろな注文に忍耐強く応えてくれた。ミツバちゃんどうもありがとう。

スクリーンショット 2016-01-18 13.41.14

そして、我が家のジャスパーもモデルで登場してもらった。
撮影ではいつも洗面所で使っているグリーンモーションのコルクバスマットと、コルクのスリッパをリビングで使ってみた。コルクはリサイクルが可能なエコな素材。
スリッパはさらっとした履き心地で裸足で履いても足裏に気持ちがいい。バスマットは凹凸面とフラット面のリバーシブルで、天然の殺菌成分があり、使用後は風通しのよい場所に立てかけておくだけとお手入れも楽。色もコルクの自然な色合いだから前からリビングでも使ってみたいと思っていた。サイズはS、L、2サイズあり、写真のSサイズだが、次はLサイズを狙っている。

L1255188

猫のジャスパーと暮らすようになって、最近こんないいことがあった。以前からフォローしているアーティストの塩川いづみさんに、ジャスパーと一緒に似顔絵を描いていただいた。
こちらは名古屋の書店ON READINGさんの企画で、塩川いづみさんの「 (between) YOU &ME」(ELVIS PRESS刊)という作品集に収録されているもの。
フォトマットからはみ出るジャスパーの大きさもだし、特徴をよくつかんで描いていただいた。そしてなにより敬愛する塩川さんの作品の一部になれたことが嬉しいね、ジャスパー。

L1255181

愛するペット=パートナーとのパーソナルな関係性までをも読み取り描いた本作の原画展が、昨年末名古屋で開催され、現在、青山のUTRECHTで開催中です(1/24まで)。

ペットの暮らしは穏やかでたのしく、かくも豊かである。

« 12月 2016年1月 2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平