1. TOP>
  2. Diary>
  3. 民具木平の市場調査 第8回 下町のパトリック・ブラン    ~辰己篇~ ” SHITAMACHI NO PATRICK BLANC ~ TATSUMI EDITION ~ ”

Diary

民具木平の市場調査 第8回 下町のパトリック・ブラン    ~辰己篇~ ” SHITAMACHI NO PATRICK BLANC ~ TATSUMI EDITION ~ ”

2016年01月30日 

前回に引き続き下町のパトリック・ブラン(以下PB)のリサーチ。

今回はボクが仕事場を構えている新木場の隣駅の辰己を歩いてみる。

辰己は江東区南部に位置する四方を運河と東京湾に囲まれた埋め立て地で、東西に走る湾岸道路の北側には広大な敷地の辰己の森海浜公園と1967~69年に建設された辰己団地(都営辰己一丁目アパート)が広がる。

タワーマンションの建設など近年開発が著しい豊洲や、ゼロ年代初頭に完成したUR都市機構のオシャレ団地「キャナルコートCODAN」を筆頭とする東雲などの近隣地区とのギャップがおもしろく、運河に架かる橋を渡り辰己に脚を踏み入れたとたんに感じる、そこだけ時間の流れが止まっているかのような懐かしさや団地特有の緊張感が好きだ。

そんなウォーターフロントを代表する孤高の島とでもいうべき街を歩いて見ると下町のPBの独自の仕事をまざまざと見る事ができた。

DSC_1876-edit

まず幸先よく目に飛び込んできたペットボトルを巧みに加工し再利用したプランターや風車の群集。

 DSC_1885-edit

サイモン・ロディアのワッツタワーやシュヴァルの理想宮に通ずるようなコンプレックス感が凄まじい。ナイーヴ・アートやアウトサイダー・アートの括り入ってくる作品であろう。

DSC_1897-edit

コンパクトディスクの鳥除け。

 DSC_1900-edit

定番アイテムの一つである大容量の焼酎の空きボトルに水を入れた猫除け。

 DSC_1942-edit

PBは身の回りもので問題を解決することに長けている。こちらは網戸を利用した風除け(?)。

 DSC_1950-edit

身の回りのものとは何も人工物に限ったことではない。こちらは樹木を利用して仕事道具を収納している。雨除けにもなるし、そもそもプランティングに使う道具はプラントに引っ掛けるのが一番便利なのかもしれない。

 DSC_1971-edit

畑に生きるサボテンははじめてだ。目が合ってしまい少し戸惑う。

 DSC_1989-edit

下町のPBは大工仕事も卒なくこなす。実践に基づく構造感覚がすばらしい。

 DSC_2035-edit

唐突に中層棟の妻側にボクの好物があらわれた!当ダイアリー第一回でも取り上げた「P箱」に足場板を乗せてつくられた縁台である。上には盆栽のコレクションが並ぶ。

DSC_2057-edit

現実だか映画かなにかのセットだか分からなくなるくらい完成されたヴィヴィッドだけど涼しげな光景。

DSC_2097-edit

勢いよく育つキャベツ(たぶん)。

DSC_2102-edit

団地ホワイトの外壁にボタニカルな影が映えて美しい。おもわず立ち止まる。

DSC_2118-edit

他の追随を許さないバランスで成立しているリンゴ箱を利用したシェルフ。

DSC_2137-edit

若い娘の嫁入りのように美しい。鳥除けネットをまとった樹木。

DSC_2152-edit

メッセージ。

DSC_2159-edit

H E A V E N 。さながらペットボトルの楽園である。

2020年の東京オリンピックを控え一層開発に拍車がかかる東京湾岸エリアで、奇跡的に手つかずのまま聖域とでも言うべき姿を残す辰己の空気を感じられるのも実はそう長くはないのかもしれない。

仕立て屋のサーカス

2016年01月25日 

IMG_0675

サーカスという言葉の響きは、人を無条件にワクワクさせる。
物語音楽家 × 裁縫師 × 照明作家 による現代サーカスグループ、“仕立て屋のサーカス” 。
“裁縫師 ”こと、ファッションデザイナーのスズキタカユキさんにお誘いいただき、去る1月15日、
原宿vacantでの仕立て屋のサーカスの公演を観に行ってきた。
会場は超満員。この得体の知れないサーカスグループに、これだけの人が集うというその現実に、
なんだかすごく安心感を覚えたというのは、おかしいだろうか。
というのも、
観なくても観に行った気になってしまうような、
最初から答えが提示された作品や表現が多い時代のなか、
こういう得体の知れなさは、すごくドキドキする。

IMG_0677

 

やがて白い布で覆われた会場の中心部から、音が鳴り出した。
それは“物語音楽家”のふたり、CINEMA dub MONKSの活動でも知られている
曽我大穂(マルチ奏者)、ガンジー(コントラバス)がかき鳴らす音。
そして布がスズキさんによって裂かれていく度に、二人の音楽家の姿が少しずつ露わになっていく。
布は、ただ心赴くままに裂いているのか、それとも裂いているように見せて実は編んでいるのか。
スズキさんの振る舞いをじっと見つめていると、わからなくなっていく。
そのわからなさがまた、作為的ではなく、
あくまで身体に基づいた行為のように見えて、心地よく思えた。

 

IMG_0688

 

IMG_0681

 

裂いた布をスズキさんはミシンという楽器を使って、新たな装飾品へと変換していく。
それを美しく照らす光は、渡辺敬之さんの手によるもの。
ふたりの音楽家の身が装飾されるごとに、会場と一体化していき、
やがてひとつの生命体に思えてきた。

 

IMG_0695

IMG_0697

 

公演後の舞台は、観客にそのまま公開されている。
布はまるで自然の絨毯のようで、そこに横たわるコントラバスもまた、
動物のように思えた。ミシンの有様も美しかった。
人は生モノで、すべては一回性の出来事の連続のなかにあるということ。
当たり前のようで、日々失いがちなその実感を、仕立て屋サーカスを通じて、肌感覚で吸収した。
音、布、光で紡ぐ現代のサーカス。
今年に入ってからは、演劇作家で「マームとジプシー」を主宰する藤田貴大氏さんをゲストに迎え、
言葉を加えたサーカスを起こしてきた彼ら。
東京のひとつの文化として、成熟していくのかどうか。その動向を見ていきたいと思った。

IMG_0696

猫と暮らせば

2016年01月20日 

L1255172

Journalの1月号、グリーンモーションと猫の物語「猫との暮らしに寄り添う、グリーンモーションのある風景。」が公開中です。

http://www.marcs.co.jp/journal/029/

スクリーンショット 2016-01-18 13.44.50

子供もそうだが、ペットとの暮らしには普通の暮らしとは少し違う角度で、身の回りのことを気にしなければならないことがある。猫のジャスパーと暮らすようになって初めて気がついたこと。
ついつい放って置きがちなものを束ねるためのクリップや輪ゴム、小さなゴミは誤飲をしてしまうと危険なので、すぐに片付けるようになったし、テーブルの上の食べ物、棚の上の割れものは、猫が手をだしていたずらをすることがあるので、つねに整頓しておく必要がある。

そして、毎日の掃除や洗濯、洗い物に使う洗剤にも注意が必要だ。小さな子供もそうだが、洗剤に含まれる成分には、誤って使うと子供やペットの健康に害を及ぼす成分が入っていそうで、気になる。

いろいろネットで調べて、エコなクリーナーを探してみるが、デイリーに使えるよさそうなものがあまりない。
そこで最近出会ったのが、100%植物由来の成分を使用したグリーンモーションのエコクリーナーシリーズだった。
なかでも洗濯用液体洗剤「エコランドリークリーナー」は優れものだ。ポンプのノズルを洗濯ものの量に応じて数回プッシュするだけの気軽さもいいし、使用量を考えれば意外に経済的である。植物由来の洗浄成分を使用しているため洗濯後排水された7日後にはすべての成分が生分解されるというもの。それとなんといっても、10倍に薄めるだけで、同シリーズのエコマルチクリーナーのリフィルとして使えるのもいい。

最近では、感度の高いセレクトショップやお洒落なスタイリストの方が愛用、との記事を目にすることも少なくない。
個人的にも実際に愛用してみて、これは優れたアイテムなので、ぜひ一度試していただきたいなあと思っている。

スクリーンショット 2016-01-18 13.45.18

今回の記事の撮影では、友達の猫さん、ミツバちゃんにもご協力いただいた。ミツバちゃんはスコティッシュフォールドの女のコで、雑誌にでたり、シールにもなっている猫界では人気の有名猫さん。
旺盛な食欲で、撮影にはおやつが欠かせなかったのはいうまでもない。

L1254616

いろいろな注文に忍耐強く応えてくれた。ミツバちゃんどうもありがとう。

スクリーンショット 2016-01-18 13.41.14

そして、我が家のジャスパーもモデルで登場してもらった。
撮影ではいつも洗面所で使っているグリーンモーションのコルクバスマットと、コルクのスリッパをリビングで使ってみた。コルクはリサイクルが可能なエコな素材。
スリッパはさらっとした履き心地で裸足で履いても足裏に気持ちがいい。バスマットは凹凸面とフラット面のリバーシブルで、天然の殺菌成分があり、使用後は風通しのよい場所に立てかけておくだけとお手入れも楽。色もコルクの自然な色合いだから前からリビングでも使ってみたいと思っていた。サイズはS、L、2サイズあり、写真のSサイズだが、次はLサイズを狙っている。

L1255188

猫のジャスパーと暮らすようになって、最近こんないいことがあった。以前からフォローしているアーティストの塩川いづみさんに、ジャスパーと一緒に似顔絵を描いていただいた。
こちらは名古屋の書店ON READINGさんの企画で、塩川いづみさんの「 (between) YOU &ME」(ELVIS PRESS刊)という作品集に収録されているもの。
フォトマットからはみ出るジャスパーの大きさもだし、特徴をよくつかんで描いていただいた。そしてなにより敬愛する塩川さんの作品の一部になれたことが嬉しいね、ジャスパー。

L1255181

愛するペット=パートナーとのパーソナルな関係性までをも読み取り描いた本作の原画展が、昨年末名古屋で開催され、現在、青山のUTRECHTで開催中です(1/24まで)。

ペットの暮らしは穏やかでたのしく、かくも豊かである。

« 12月 2016年1月 2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平