1. TOP>
  2. Diary>
  3. 民具木平の市場調査 第7回 下町のパトリック・ブラン    〜月島篇〜 ” SHITAMACHI NO PATRICK BLANC 〜 TSUKISHIMA EDITION 〜 ”

Diary

民具木平の市場調査 第7回 下町のパトリック・ブラン    〜月島篇〜 ” SHITAMACHI NO PATRICK BLANC 〜 TSUKISHIMA EDITION 〜 ”

2015年12月30日 

今回の調査は「下町のパトリック・ブラン  〜月島篇〜」です。東京で暮らしている多くの方々と同じく個人的にずっと気になっていて、いつかは調査したいと思っていたテーマのひとつです。

長い調査になりそうですが今回ようやく重い腰を上げて師走の寒空の下、まずは取っ掛かりとしてもんじゃで有名な中央区は月島へ調査に行きました。

もんじゃの店が軒を連ねる通称「月島もんじゃストリート」と呼ばれる月島西仲通り商店街から早速一本路地に入ってみると、そこでは路上や庭、塀やベランダの手摺、エアコンの室外機やガスメーターの上等々、公共なのか私有なのか曖昧な場所で下町のパトリック・プランによるプラントクラッシュが静かに繰り広げられていました。

DSC_1594

琺瑯の寸胴鍋にのびのびと育つ樹木。

DSC_1595

アロエの群集。

DSC_1612

下町のパトリック・ブランは隙あらばすかさず空間を植物で満たしていく。しかしながら決して人の邪魔にはならない場所を見出して仕事をする。

DSC_1617

個人的に好きなプラント群。

DSC_1620

白菜の一夜漬けの空き容器を利用している。

DSC_1623

MAIL BOX。

DSC_1636

下町のパトリック・ブランは脚元のレベル調整が巧妙だ。鉢の脚元をよく見てみると歩道の立ち上がりとレンガブロックなどでレベルを合わせそこに板を渡して新たなフィールドをつくりだしていることが伺える。水はけを考慮しつつ極力人や車の動線に干渉しないマナーのもと曖昧な領域を攻めていく。

DSC_1638

植物を育て愛でる。人として当たり前の営みで一見何の変哲もないしつらえだというのに、どうしてこうも胸を打たれるだろう。

DSC_1663

一鉢置いてあるだけなのにすごくいい。

DSC_1670

このバランス感覚を見てください。

DSC_1741

独自の雨水利用システムだと思う。

DSC_1759

建物と建物の間からも植物が溢れ出す。

DSC_1769

単管パイプで組まれたプラントシェルフ。

DSC_1784

コンプレックス。

DSC_1786

ネット。

DSC_1813

ドーピング。

今回の調査中、意外にも何人かの通行人の方から「どんどん調査していってくださいね」という趣旨のお声を掛けていただきました。とあるおじさん曰くこの地域は将来的に開発の予定があり、この風景も10年後にはもう見ることができなくなるだろうとのことでした。人も場所も事柄も気になっているからといって永遠にそこで待っていてくれるわけではない。そんな当たり前のことを今一度気付かせてくれる出来事でした。

今年も残るところあと2日。6月からはじめた当ダイアリーも皆様のお陰で今回で7回目、なんとか無事に年を越せそうです。

来年も引き続きご愛読の程どうぞよろしくお願いいたします。それではよいお年を。

« 11月 2015年12月 1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平