1. TOP>
  2. Diary>
  3. 民具木平の市場調査 第6回 酉の市 ” TORI NO ICHI ” 

Diary

民具木平の市場調査 第6回 酉の市 ” TORI NO ICHI ” 

2015年11月30日 

明日から12月、今年も早いもので残すところあとひと月となりました。

今回も季節モノで「酉の市」の調査です。

今年は「三の酉」まである年なので、11月29日の三の酉の日に浅草の鷲神社に行ってきました。

DSC_1337-edit

東京メトロ日比谷線の入谷駅より徒歩で鷲神社を目指す。

浅草にはなにかと縁があり、わりと訪れることが多いのだが、このエリアは通り過ぎるばかりだったので、調査的な視点だと色々と発見があり新鮮である。

これは別の調査でもまた近いうち訪れる必要がでてくる地になるであろう雰囲気が満々。

DSC_1361-edit

二の酉が天気が悪かったのと、日曜日ということも相まってか、国際通りに出るとすでにもの凄い人だかり&行列が。

たくさんの警察官が動員されている様子で、群衆の秩序と安全を見守っています。

DSC_1363-edit

すでに縁起熊手を手に入れて歩いている人もちらほらと。

DSC_1365-edit

肩に担いだり、頭上に掲げたり。

DSC_1370-edit

KEEP OUT。

警備は厳重だ。

DSC_1373-edit

押し合いへし合いの人ごみの中で、頭と頭のあいだから熊手がのぞく。

DSC_1385-edit

色とりどり様々なデザインの熊手を掲げる姿は、街に賑やかな潤いを与える一方で、みなそれぞれの願いを込めて来年の幸せを祈る真剣さが伝わってきて、こちらの気持ちも引き締まる思いである。

DSC_1386-edit

熊手を担いで家路につく。

DSC_1392-edit

縁起熊手はwikipediaによると元々は農民のために縁日の境内で熊手や鍬などの農具を販売していたのが、次第におかめなどの縁起物がオマケとして農具につけられるようになり、それが現在の装飾熊手の由来となっているとのことである。

DSC_1396-edit

多様なデザインの熊手が道端で頭上をスゥ~ッと移動していく様はなにか妖怪のようでもある。

DSC_1410-edit

国際通りから一本脇道に入ると熊手店がひしめき合い軒には屋号が入った旗が上り、あちらこちらから商いの成立を意味する賑やかな手締めが聞こえてきて、これぞ江戸であるといわんばかりの情緒だ。

DSC_1463-edit

熊手店の界隈を過ぎるとさらに様々な露店がたち並ぶ。

浅草鷲神社の酉の市では、熊手店約150店・露店約750店が賑わい、毎年70~80万人の人出があり、日本一の規模とのこと。

DSC_1472-edit

幸福之小槌

DSC_1447-edit

坪庭、篠山紀信。

DSC_1485-edit

人ごみの中を歩けども歩けども露店が続く。東の端は吉原神社のあたりまで露店で賑わっていた。

今回、酉の市を調査していて、厳重な警備と人混み、そして人々が頭上に掲げる「先に何かがついた棒」。この組合せはなにかに似ているなと考えを巡らせて気付いたのは、国会議事堂の前みたいだなあということだ。まるでプラカードをもったデモ。もしくは農具を手にした百姓一揆。

正直プラカードはあまり持ちたくないけど、熊手はいいなと。

プラカードを熊手に持ち変える、そんな仕事をしていけたらなと思いました。

DSC_1545-edit

ちなみに僕は古典的であまり飾り気のない、かわいいらしい大きさの熊手を買って帰りました。もちろん手締めもしてもらって。

今回の調査では、まだまだ知らない街がたくさんあるんだなと東京の広さと懐の深さにドキドキした。

※ただいま浅草鷲神社では第11回鷲フォトコンテストの作品を募集中!

http://www.otorisama.or.jp/photocon.html

« 10月 2015年11月 12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平