1. TOP>
  2. Diary>
  3. 民具木平の市場調査 第4回 逆さ文字 ” reverse ”

Diary

民具木平の市場調査 第4回 逆さ文字 ” reverse ”

2015年09月30日 

今回の調査は、名刺やロゴ等 グラフィックのデザインをするにあたって避けては通れない   逆さ文字  ” reverse ”  についてです。

1-DSC_0580

”ターャジス 人恋の色褐”

逆さ文字と聞くと多くの人がまずは連想するであろう代表格がスジャータの配達車。いざ写真におさめようとするとなかなか出会えなかったのですが、本日銀座にて撮影できました。

まずはそもそも逆さ文字を考えるにあたって、日本語の縦書き横書きについてwikipediaをベースに調べてみることにしました。

・もともと日本語は漢文に倣い文字を上から下へ、また行を右から左へと進めて表記を行う右縦書きである。

・さまざまな経緯で、文章を横方向に進めていく横書きが登場。横書きにも右横書きと左横書きが存在する。

・右横書き左横書き問題は、太平洋戦争をきっかけに活発な動きが見られる。一部では政治的イデオロギーの対立という側面も。

・左横書きが一般化する経緯はいまの読売新聞が1946年から左横書きに切り替えたあたりからである。

・ややこしいのだけど一見右横書きにみえる「1行1文字の縦書き」なるものもある。(暖簾など)

(以上、wikipedia:縦書きと横書き  からの抜粋)

 参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B8%A6%E6%9B%B8%E3%81%8D%E3%81%A8%E6%A8%AA%E6%9B%B8%E3%81%

次に逆さ文字そのものについても調べて見ると、matome.naver などいくつかのサイトですでに一部考察しているものがありました。

・船の船名の書き方にちなんでいる説。(船は右舷、左舷ともに船首方向から船尾に向かって船名が標記されている 。)

・逆さ文字だけでなく鏡文字なる文字がある。(鏡に映るとまともに見えるように左右反転している文字。)

 参照:http://matome.naver.jp/odai/2139399822175174201

 参照:http://www.jrtt.go.jp/01Organization/publicity/pdf/prm/no15-09.pdf

鏡文字にも惹かれるのですが、それはまた別な機会に扱うとして、改めて逆さ文字の由来の私なりの推測をまとめると、

1. 政治的イデオロギーのような何かのあらわれなのかもしれない。

2. 船の船名の書き方に倣う。

3. そもそも逆さではなく「1行1文字の縦書き」である。

の3点のうちのどれか、又はそれらの組合せというのが有力なのでは?という考えに至りました。

2-DSC_0474

”社会式株送運間久佐”

3-DSC_0463

”ワカロモ(株)”

4-DSC_0492

”園祉福東森大立区田大 会陽幸田大 人法祉福会社 1号車”

5-DSC_0486

”果青興東 社会式株”

6-DSC_0589

”便急特 ールガンカ”

7-DSC_0522

”庫倉島月 スビーサ流物島月”

8-DSC_0572

“流物スデンア”

9-DSC_0537

“ンイラーィテーケ(有)”

10-DSC_0540

“トーポスンラト ネフミ”

11-DSC_0542

“すで様神は物荷お”

“IHSINEU”

英文斜体の逆さ文字は特にオリジナルからかけ離れてなかなか難解です。

12-DSC_0529

“河銀”

13-DSC_0496

“州九 ←フェリー経由→ 京東”

「右横書き / 左横書き / 右横書き」  の事例です。

14-DSC_0523

“株式会社東京新建材社”

“社材建新京東社会式株”

会社の看板は左横書き、車は右横書きの光景です。

15-DSC_0519

“TNT”

清家清や山本山にみられるこちらのタイプは、右横文字=左横文字になるので明快な印象です。

16-IMG_4383

“ツーポス刊日”

17-DSC_0475

D

O

N

G

F

A

N

G

右横文字を中心にいろいろ見てきましたが、結局縦書きが間違いないのかと。

ちなみに今回のダイアリーを書くにあたり、普段の生活では浴びることのない相当量の逆さ文字を見続けていたところ、左横文字の文字列までおかしな見え方がしてきました。

« 8月 2015年9月 10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平