1. TOP>
  2. Diary>
  3. 民具木平の市場調査 第3回 旅の荷物 ” luggage ”

Diary

民具木平の市場調査 第3回 旅の荷物 ” luggage ”

2015年08月30日 

八月も残すところあとわずか。今年も夏が終わろうとしていますが、各地に旅にでかけた人も多いのではないでしょうか。今回はそんな旅のハイシーズンにぴったりな  「 旅の荷物  ” luggage ” 」 の市場を調査をすることにしました。

DSC_0332-low

振り返ると小学生の頃に金曜ロードショーでみたスタンドバイミーで、主人公の少年たちが毛布に荷物を丸め込んで旅に出るという、いままで自分が考えたこともないやりかたに痺れて以来、時代時代で旅の荷物や道具としてのかばん類を意識して過ごしてきたように思います。

DSC_0220-low

旅の荷物ならばと小雨のふる中、日本の玄関 成田空港 に調査に出かけました。

DSC_0288-low

結論から述べると、シェルのソフトハードを問わず車輪のついたスーツケースを押したり引いたりしている人が多くかなりの割合を占めました。

DSC_0246-low

ファッションの一部としてトータルでカラーをコーディネートする若者達。見てるこちらも旅の楽しさを分けてもらってる感じがしてきます。

DSC_0251-low

少し前の世代のヒモでひっぱるタイプ。ケース自体のデザインも好みです。ヒモにひっぱられていく姿はなにか生き物のようでもあり愛嬌があってかわいらしいです。今のモノに比べると車輪の音がうるさく早朝の旅立ちの際にはちょっとした注意が必要かもしれません。

ぼくは最近までスーツケースを所有したことも買おうとも思ったこともなかったのですが、友人が古びたサムソナイト(おそらくオイスターというモデル。今回の調査で名前を知りました。)を引いて訪ねてきたのに影響を受けて、ここ数年ちょっと気になっていたタイプでもあります。実用というよりもむしろ各色そろえて部屋の収納を全てこれに切り替えるのもいいかもしれないななどと思わせる、年代的にも存在感もバブカセやその頃のKENWOODのスーパーウーファーに通じるまろやかではあるけどオフェンシヴで消費主義的なモノとしての危険な魅力を放っているように感じます。

DSC_0258-low

人種や国籍を問わずしてスーツケースが多いです。

DSC_0281-low

スーツケースのうえにサブのバッグをのせて移動する人も多いです。荷重をスーツケースに委ねる事ができるので楽に移動ができます。そのようなアクティヴィティを前提としたシステムの製品も近年多く見受けられます。

DSC_0283-low

今回とても意外だったのがバックパックをあまり見かけなかったということでした。

近年、ウィールを2つ備えたソフトシェルタイプ・2〜3WAYないしダッフルタイプのバッグの進歩が著しく、いままでバックパッカーだった層が比較的地面が平滑な都市部においてはそちらに移行しているのが原因なのではないか?というのがぼくの考察です。

90Lのバックパックをぼくも使っていますが、最近は重くてしんどいのであまり出番がありません。PatagoniaのMLCという3WAYを使ったりもしてきましたが、最近は同じくPatagoniaのTransport Rollerが気になっています。バッグをキャリーカートに乗せるという方法もフレキシブルで好きなのですが、ウィール付のものを試しに一度使ってみたいと思っています。

ラゲッジの選択も使う人の年齢やとりまく環境など状況に応じて変化していくものなのだろうなと思います。

DSC_0242-low

トートバッグやボストンバッグは少数派でした。

荷物の量が多い場合、腕力に自信があるひと向けのラゲッジだとは思いますが、旅の情緒を感じるのはなぜでしょうか。快適さと情緒が比例しないところが道具のおもしろいところでもあるように感じます。

荷物の取出しやすさはとてもよく、車の旅には最適かなと思います。

DSC_0249-low

30Lもなさそうなデイパックひとつの旅人。このくらい軽快な旅人にいつも心底あこがれます。

DSC_0278and0279-low

家族旅行でしょうか。

DSC_0221-low

巾着袋や買い物袋の類いの底にキャスターが四つ備わっているタイプです。

三匹の子豚で例えるならば  わらの家  といったところでしょうか。

中に入れるものにもよりますが衣類やタオル等壊れることのない荷物であれば、柔軟に大きさが変わるし、軽く価格も手頃そうです。なにより風情があるので今一度かなり気になる製品タイプです。

DSC_0231-low

DSC_0232-low

ハードタイプのスーツケースは腰掛けにもなるようです。これは正直けっこう便利だと思いました。

DSC_0330--low

帰路における荷物はこのような宅配サーヴィスを利用するのも便利なのかもしれません。

DSC_0324-low

旅に限らず日常生活においても、近年の天災や人災をきっかけに、さらにはデジタルを中心としたさまざまな技術のめまぐるしい進歩もあいまって、今まさに人とモノとの関係性が変わっているタイミングに差しかかっているとかんじています。

それではよい旅を。

 

« 7月 2015年8月 9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平