1. TOP>
  2. Diary>
  3. 作為なくえらびかたちにする喜び

Diary

作為なくえらびかたちにする喜び

2015年07月05日 

L1190114

北鎌倉のLIFE & CARAFTS LABで行なわれた「SCHOOL OF NPWーNPWの学校」に参加してきた。NPWとは「ヌメ革パッチワーク」のことで、製品の痕跡の残る裁ち落とされたさまざまなかたちをした革の端切れを組みあわせてつくるバッグのこと。
「SCHOOL OF NPWーNPWの学校」は、東京は浅草の靴職人である曽田耕氏が考案したバッグ「NPW365」をつくるワークショップ。
皮革産業において端切れは、製品をつくる上で必ず生じるもの。革製品に限らず、服作りであれ、時に料理であれ、端切れはやむをえないものとされている。それらは製品とともに日々大量に生産され、ほとんど利用されることもなく、ゴミとして廃棄されている現状がある。

L1230094

NPWワークショップでは、それら不要になり廃棄される運命にあるものこそに光をあてる。それは不要と思われていたものを世界でたったひとつの愛おしいものに変換させるプロセスでもある。
革の端切れととんかちとカシメ、そして革を選び、打ち、かたちにするという、最低限の要素と手数だけでつくられるプロダクト。曽田氏が日々にものづくりに携わるなかで発明し、その哲学の深みに気づいた古本氏が誰でもが参加できるワークショップというかたちで展開するのが「SCHOOL OF NPWーNPWの学校」というわけだ。

「NPW365」の365とは、バッグになったときの縦横幅の穴間マス目の数に由来するという。
出来上がったバッグと、床に無造作に置かれた革を見ると、等間隔に穴が開けられているのが分かる。その穴はいろんな大きさの革をパッチワークする際にカシメを打ち込みつなぎ合わせる大切なもの。ワークショップでは革に等間隔に開けられた穴に配列通りに規則正しく端革をあてがっていけば、誰もが簡単にNPWバッグをつくることができる。とんかちを持ったことがない人でも「過不足なく」つくれるところがいい。

L1230096

バッグの大きさと底に使う革を決めたら制作がスタートする。
バッグのデザインは、選ぶ革によって決まってくる。つくる際のポイントは、革の大きさや色、素材にこだわり過ぎずに、目についたものを手に取ってつくっていくこと。あまり考え過ぎると、途中で行き詰りそうになるので注意。
ちなみに写真に写っているNPWは曽田氏が自らつくったもので、曽田氏は20分ほどでこれを仕上げたという。
さて、僕はどんなNPWをどのくらいの時間で仕上げることができるのか。

L1230098

ワークショップの参加者は、Myとんかちをひとつ持参するだけでOK。帰りには自分でつくった世界にひとつだけのプロダクトを持ち帰ることができる。

L1230099

今回の会場になったLIFE & CARAFTS LABは、夫人とともに「KULUSKA」名義で布や革などをマテリアルにものづくりをする職人の藤本直紀氏が主宰するオルタナティブスペース。北鎌倉の高台に位置する心地のよい空間だった。

L1230110

それをつくる時間のなかでえられるものは、真新しいバッグだけではない。手を動かし、ものをつくっていく喜び。目の前に積まれた端切れのなかから、革を自ら選びとりながら、思いもしなかったかたちになっていくのが楽しい。

少しくらいの失敗も個体差をもった味になっていく。「そもそもこのワークショップに失敗はありません」とは、NPWの学校講師の古本氏の言葉。

L1230112

所要時間3時間ほどで、こんなNPW365が出来た。頭と体はヘトヘトだ。だがそこには心地良い充足感がある。

下の写真は一緒にワークショップに参加した方がつくったものと並べて記念撮影。同じ道具、同じマナーとルールでつくっていながら、端切れの選び方ひとつででまったく表情の異なるバッグが出来ることがよく分かる。

一見機能よりも装飾性が勝るように見えるデザインだが、革という素材がもつナチュラルさによって、不思議と男性女性の区別なく、どんなファッションやライフスタイルに合うニュートラルなバッグであることに驚いた。

L1230115

このワークショップを主宰するのは、NPW365の考案者である曽田耕氏にじきじきに講師に任命された古本浩氏。
古本氏は広島を拠点にするクリエイターで、2003年から2014年まで広島の中心市街地でfoo(現在はwebサイトが運営中)という、画家のアトリエのようなショップを営んでいた。現在は仲間とともに食とコミュニケーションをテーマにしたSUNDAYSのメンバーとしても活動している。

曽田耕氏とは、ショップのオープン間もない頃からの付き合いで、長年の取引の中で築かれた曽田氏がつくるものへの敬愛が、このワークショップ実現の背景にある。
そしてなによりNPWの学校は、曽田氏の古本氏への信頼関係によって成り立っている。
詳しい経緯については不明だが、つくり手とそれを伝えていく伝えて手とのあいだに長い時間をかけて培われた関係性が、このプロジェクトを可能にしていることは想像に難くない。

現在古本氏は、広島周辺の革製品工場で廃棄される革を自らの足を使って手に入れ、NPW加工用に穴をあけ、その端切れの塊をスーツケースに詰め日本中をめぐっている。
捨てられる運命にあった革の端切れに新しい命を吹き込み、今日新たに出合う人たちのために。

L1151139

パッチワークという技法がもたらすつくり手の自発的な偶然性と、バッグという立体の上での隣り合う革同士の一期一会の出会い。そしてつくり手のほんの少しの作為によって、NPWは曽田氏が考案した作法を継承しながら、同じもののひとつとしてない革新的なイメージを生み出していく。人間に消費されるものである皮=革の、その生成プロセスを考える上でもNPWは批評的であり、興味深い。

曽田氏が考案したNPW365のレシピが、オープンソースとして拡散し、新しいイメージと用途を生み出している様は、ともすると既成の価値観にとらわれがちな僕たちの日々の暮らしに新鮮な気づきと、見晴らしのいい自由という感覚をもたらしてくれる。

L1151136

NPWの学校で生み出されたエクスクルーシブなブックトートを手にするフォトグラファーのカルロス氏。
NPWは、年齢、性別、国籍などあらゆるボーダーを越え、それを手にした人に「もの=プロダクト」と「革=素材」への”愛”を紡ぎ続けている。

 

「SCHOOL OF NPWーNPWの学校」
http://npw.strikingly.com

« 6月 2015年7月 8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平