1. TOP>
  2. Diary>
  3. クレマチスの丘へ

Diary

クレマチスの丘へ

2015年06月10日 

とても丈夫で育てやすく、几帳面とは言えない私でも長く愛でることできるお花。

何よりその名前が好き。クレマチス。しっとりとしたその響きがたまらない。

そんなクレマチスが咲き誇るクレマチスの丘のある
ヴァンジ彫刻庭園美術館へ、先週末私は足を運びました。

 

8

 

富士山の麓の小高い丘にあるヴァンジ彫刻庭園美術館は、
イタリアの現代具象彫刻家ジュリアーノ・ヴァンジの、世界で唯一の個人美術館。
現在同館で《クリスティアーネ・レーア 宙をつつむ》が開催中で、
私は彼女の作品を観たくて訪れたのです。

 

14

 

様々な品種のクレマチスが咲き誇るクレマチスガーデンを堪能しながら、ゆっくりと美術館を目指す。
そのガーデンから美術館へと向かう動線がまた本当に気持ちいい。
ヴァンジによる彫刻が、広大な敷地に広がる自然と美しく調和しています。

 

6

 

12

 

ヴァンジの作品は、ちょっとユーモアが滲んでいるところも好きです。

 

FullSizeRender

 

お目当てだったクリスティアーネ・レーアの作品も素晴らしかったです。

タンポポやアザミなど、身近な植物を素材に小さな彫刻を作るクリスティアーネ。
彼女自身の手作業によって生まれていく作品群はとても繊細ながら
優美な曲線、みずみずしい艶感をまとっていました。
植物、いのちが彫刻という文脈でしっかりと語られている、そんな印象を強く持ちました。

国内の美術館では初となるクリスティアーネの展覧会。
8月31日まで開催されているのでおすすめです。

 

IMG_4006

 

ちなみに、

とてもセンスのよいセレクトがされているミュージアムショップでは、
ずっと欲しかった大好きなアーティスト、
南川史門さんの作品(トランプ)が購入できてこれまた嬉しかったです。

 

« 5月 2015年6月 7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平