1. TOP>
  2. Diary>
  3. もっと自由に 、もっと遠くへ

Diary

もっと自由に 、もっと遠くへ

2015年05月25日 

年を重ねることは、経験を重ねること。
その経験が自分自身を今いる場所からもっと遠くへ、
行ったことのない場所へと運んでくれるきっかけになってくれたりします。

と同時にときに経験は、先入観や固定概念という言葉にすり替わることがあって、
それに縛られてしまい、物事をひとつの方向でしか見れなくなるときがあります。

どれだけ自由な発想を自分の内側に持ち続けられるか?
考えることで生まれるいろんな苦悩があります。

それは切実な苦悩です。
その苦悩に対してささやかな薬になるのが、私の場合アートだったりします。

 

FullSizeRender

 

サイ・トゥオンブリー。

「20世紀の巨匠」という肩書きがメディアを飛んでいますが、
サイ・トゥオンブリーは、アメリカ合衆国バージニア州出身の画家、彫刻家。

私はサイ・トゥオンブリーが描いた有機的な曲線を観ると、
萎縮して懲り固まった自分の心がひらいていくような感覚をおぼえます。
そして「もっと自由でいい」と、教えられる。

そんな彼の個展「サイ トゥオンブリー:紙の作品、50年の軌跡」が
東京・品川にある原美術館で開催されています。

http://www.haramuseum.or.jp

 

3

 

自宅の芍薬が花開いたら、白と赤の境界線がきれいでした。

 

4

個展を記念して作られたサイ トゥオンブリーの作品集、

CY TWOMBLY
FIFTY YEARS OF WORKS  ON PAPER

もカバーもまた、白と赤の境界線によって彩られていて、
私のなかでひとつの線に繋がっていきました。

1

 

周囲が大注目している劇団ままごとの「わが星」。http://wagahoshi.com
一度だけでなく、二度も三度も観にいく人もいる。

「ままごと」「わが星」。

なんて粋な言葉なのだ、と思いながら、観るきっかけをつかめないまま日だけが過ぎて。

ところが最近、仕事でご一緒しているデザイナーさんが宣伝美術を手がけていると知り、
「機は熟した」と、チケットを取って三鷹芸術市民センターまで観に伺いました。

結果、感想は未だ言語化できないのですが、
ひとつだけ言葉が浮かぶとするなら「間合い」の心地よさ。
個人的に間合いは超重要視していて、それは音楽でも舞台でも、人との会話でもなんでも。
間合いのタイミング、リズムが合わないと、仲良くなれない、とすら思います。

「わが星」は間合いの舞台でした。
そして主人公の「ちいちゃん」が素晴らしかったです。
余韻に包まれながら帰宅後、自宅のベランダからつい空を眺めたくなりました。

もっともっと自由になれるように、そして遠くへいけるように。
これからもいろんなアートに対面して、心を伸びやかにしていきたいです。

2

 

 

« 4月 2015年5月 6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平