1. TOP>
  2. Diary>
  3. 『たまもの』と『たまきはる』。

Diary

『たまもの』と『たまきはる』。

2015年04月25日 

ある日、自宅の書棚を整理していたら、1冊の本が目に留まった。

FullSizeRender 2

『たまもの』神蔵美子

いつ、どこで購入したのかまったく記憶にないその一冊の本は、ときどき私の気を惹くことがあって、
そういうときはその感情に従い、思いのままページをめくっては、また書棚に戻すのだった。

この本は、写真家の神蔵美子さんが自身と末井昭さん、
坪井祐三さんとの三角関係を撮影した極めて私的な写真集だ。
正直最初に見て読んだときは、神蔵美子さんの強大な自我に、私自身翻弄されてしまい、
すごく心を消耗してしまった。

人が強制的に指示した道ではなく、自分で選んだ道。その道に悩み苦しみ、
切迫しているひとりの女性の生き様を読みながら、私は最初、怖い女性だなとすら思った。

今回、その本のページをめくったのはどのくらいぶりだろう?おそらく3、4年ぶりだろうか。
読みながら、自分の変化にちょっと驚いた。
相変わらず、神蔵さんの自我は私を圧倒するのだけれど、
でも、少しだけ見かたが変わった気がしたのだ。

人の心はいつだって矛盾を抱えている。
正しい方向、社会的な常識、みんなわかっていても、そこに向かえないときがある。
その矛盾は非効率なものでもあり、痛みであり、悪になることさえあると思う。

その、どうしようもないもの、正しいものからこぼれおちるもの、行き場のないものこそが、
きっと数々の芸術を生み出しているのだと思う。芸術とは切実なものだから。
神蔵さんの抱える矛盾が、生きる切実さに変わっていた。

『たまもの』を読んで、3日後。

FullSizeRender

ふらっと立ち寄った本屋さんで『たまきはる』を見つけた。
『たまもの』から12年の歳月が経った今年、発売していた『たまきはる』。
これもまた何かの縁だと想い購入した。

冒頭は、神蔵さんとアートディレクター野田凪さんとの交流、そのエピソードが書かれていた。
痛いくらいに、凪さんの命の躍動が伝わってくる。

少女のような華奢な身体を持つ凪さん。そしてその身体には決しておさまりきらない彼女の情熱。
凪さんは、仕事で何度かお世話になったことがある。
その情熱に巻き込まれる日々を送ったことを、『たまきはる』を通して蘇ってきた。
思い返してみると、凪さんもまた、いろんな矛盾を抱えながらその痛みとともに生きてきたように感じる。

『たまもの』と『たまきはる』。

芸術とはほんの少しだけ、人が抱える孤独を和らげてくれるもの。
まだうまく言語化できないけれど、2冊を通してそんなことを思った。

« 3月 2015年4月 5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平