1. TOP>
  2. Diary>
  3. 僕はひとりで外食をすることができない。

Diary

僕はひとりで外食をすることができない。

2015年01月30日 

おひとりさま、というフレーズを最近良く聞く。
が、僕は全くの「非・おひとりさま」で、ひとりで外食ができなかった。
できなかった、と書いたのは最近少しはできるようになってきたからなのですが。

ひとりで行く事ができるのは、牛丼の吉野屋とマクドナルドくらいで、
ラーメンは基本的に無理で、バーも知り合いの店員がいないとひとりで入るなんてもってのほか。
カフェはコーヒーだけで仕事があれば入れます。ひとりランチ絶対に無理。
ひとり映画?ならその映画の存在自体を忘れます(笑)。

一番大きい理由は、素直に「つまんない」から。
そして「寂しい」、これもあると思います。
ひとりで食べているのを見られるのも嫌。
要は、ひとりでご飯を食べたりする事に全く利点を感じていないし、意味もないと思っている。
だから一向におひとりさまを楽しむ事ができないままでいるのです。

こういった固定された価値観を打ち壊すには、無理矢理環境を作るしかないのです。
以前、「嫌いな人と差し飲みをするブーム」という時期が個人的にありまして、
この人とは合わないだろうな、という人をわざと指名して差しで飲む。というだけの事なんですが
これがなかなか面白く、最終的にはかなり仲良くなって終わるのです。
お酒の力も多いにあるとは思いますが、持論には「嫌いと好きは紙一重」、
つまり「嫌い」という時点で、何かしら自分とカブる部分があったり、自分が出来ていない所を相手がやっていて、それに劣等感があったりする。だから「無関心」ではなく「嫌い」となるわけで。

3人以上だと、嫌いが嫌いのままなのでダメ。
敢えて嫌いな人と面と向かって飲むことで初めて、嫌いが好きになるのです。

という事はできるのに、まだまだひとりでご飯が食べられないチキンな僕。
会社の同僚は、むしろひとりご飯の方が好きな位で、ひとり映画もスマートにこなす、おひとりさまエキスパート。
そんなエキスパートが「回転寿司だったら、結構ひとりの人多いから行ってみたら?」と言い放った。
いや、絶対無理無理無理・・・・。とその時は返したのだが、ひとりランチをしなければいけないタイミングはしばしば訪れる。その度にテイクアウトをして事務所で食べてごまかしてはいたものの、我が事務所がある恵比寿には、おしゃれな飲食店は沢山あるのにテイクアウト事情が壊滅的な場所なのだ。
一番お世話になっていたブリトー屋も去年閉店した。

こうなると残された道は、池に飛び込むしかない。
確か回転寿司だったら・・・と言っていたなと思いつつ、時間も遅めだったからそこまで混んでいないだろうと寿司屋の暖簾をくぐると、韓国人の店員さんが「いらしゃいませー」と。
回転寿司自体は何回も行っているし、好きなので勝手はもちろんわかっている。
一皿目は勇気がいったが、それを食べ終え、二皿目を何にしようか悩んでいる時にふと思った。
「ひとりだと、どれだけでも悩める・・・。これか?独りの醍醐味とは。」
食べるスピードも気を使わなくても良いし、好きな物を好きなだけ時間をかけて食べられる。
頼まないでガリをつまみながらお茶をゆっくり飲む事もできる。
元々、相手に合わせて急いで食べるのが嫌いな僕にとっては、オアシスのように感じられた。

それからというもの、回転寿司はひとりで行く方が好きになった。
一人で行った方が楽しい場所があるという経験をした僕は、ひとまずおひとりさま恐怖症からは解放された。

カウンター寿司をひとりで、は遙か彼方の話だと思いますが、
次はラーメン屋にチャレンジしたいと思います。

« 12月 2015年1月 2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平