1. TOP>
  2. Diary>
  3. 新潟→宮城→岩手→福島

Diary

新潟→宮城→岩手→福島

2014年12月25日 

10

はじまりは、北陸・新潟。舞踏団Noismの新作公演へ。Noismは、りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館を拠点に活動する、日本で唯一の劇場専属舞踏団だ。

今回、Noismの身体性に肉付けされるのは、宮前義之さん(ISSEY MIYAKE)による衣装、Steve Reichと池田亮司さんの音楽(これは第1部のみ/公演は2部構成だった)。3者の共鳴に私は心射抜かれて、ずっとヒリついていた。

太古の昔、みんな踊る人で、歌う人で、作る人だった。それがいつしか文明の進歩に合わせて、人々にはそれぞれ役割が生まれ、それは芸術の世界においても表現者と鑑賞者に分かれていったわけだけれど、こんなに気持ちがざわつき、ヒリついてしまうのは、きっと自分の根底にはその太古の昔から受け継いできた血が流れているからだと思う。私は舞踊家じゃない。だけどその流れている血が生理的に反応してしまうんだと思う。

芸術の本質を垣間見た夜。自分の故郷でもある新潟でNoismと対峙できて本当に良かった。

 

11

その翌日からは、宮城・岩手・福島の東北3県めぐりと続いた。震災の痛みを携えながら、そこに生きる人々の、強くてやさしい眼差しを目撃することとなった。

まずは、宮城県塩竈市へ。国内有数の港湾都市、塩竈(写真上)。その塩竈と日本三景・松島を結ぶ観光遊覧船、そして塩竈の離島である浦戸諸島とを結ぶ、市営汽船の発着所として親しまれているのが、マリンゲート塩釜(写真下)だ。私はここから、浦戸諸島で一番大きい島・寒風沢島を目指した。

12

13

島はいい。陸の文化とは違った生態系から成り立つ、海の文化、そしてそこで育まれた島人の生きる知恵がある。営みがある。

島と言えば、翌日の岩手県大槌では、大槌湾にぽつんと浮かぶ 蓬莱島、通称ひょっこりひょうたん島(写真下)を望んだ。NHKの人形劇「ひょっこりひょうたん島」のモデルにもなった島で、東日本震災前は徒歩でも行き来ができた。現在は孤島になってしまったけれど、復興のシンボルとして広く認知されている。

その島は灯台のように思えた。どうか、どうか、この町に生きる人々を光の射す方へと。

8

最後は、福島県会津若松と喜多方へ。
郡山からの電車の車中は、険しい白の世界。故郷・新潟の風景に近しくて、私には心地がよかった。

9

17

 

16

喜多方で食べた、喜多方ラーメンの美味しいこと! その余韻をだいぶひきずりながら、西会津芸術村へ。

4

3

一目見て、この施設の佇まいに惚れてしまった。

西会津芸術村(写真上)とは、いわば文化交流施設だ。廃校となった木造の中学校を、 創作活動、ギャラリー、地域文化の育成。グリーンツーリズムの拠点などのために活用している。ちょうど、伺ったときは、御年101歳、美術家の篠原桃紅さんの個展『篠田桃紅 版画の世界』(〜2015年1月27日まで)が行われていた。古い木造空間に共鳴する篠原さんの作品たち。深々と積もる雪のごとく、作品を見ていると心に何かがぽってりと積もっていく。

2

外へ出たら、陽が暮れようとしていた。校舎の中を照らす灯りに、生きる力をもらった気がした。

« 11月 2014年12月 1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平