1. TOP>
  2. Diary>
  3. 今日はハーブティーを飲みたい気分なのである。

Diary

今日はハーブティーを飲みたい気分なのである。

2014年11月30日 

風邪をひいて熱が出た。
熱が出たので、安静にと日曜日は家で過ごした。

そんなには寝てられないのでソファーでくつろぎながらテレビを見る。
テレビでは、イギリス人の初老の女性が日本の自宅の庭で取れたハーブを解説しながら
ハーブティーを入れ、嗜んでいる。日本の田園風景と古びた平屋に対して外人女性とイギリスの茶器が、妙なコントラストを生んでいるのが印象的でついつい見入ってしまっていた。

番組では、様々なハーブをひとつづつ紹介し、どんな歴史や背景があって、これはどういう効能があるなどひとつづつ丁寧にイギリス訛りの英語で語っていく。
タイム、バジル、フェンネル、レモンシード、ラベンダー・・・。
解説の最後には必ず、茶器にお湯を入れてハーブティーとして飲む。

何でもお湯を入れればハーブティーになるのか、などと思いながらゆっくりと時間は過ぎる。
幾つか見ていくと、それぞれのハーブに医療的な効能があることがわかる。
免疫力を高めたり、強壮剤に使われていたり、血糖を下げる役割など。
昔の人は、これらを薬代わりに使ったのだというお決まりの語りではあるがまさに弱っていた自分にとっては、その情報が体にすーっと入ってきた。

元々薬なんてなかった時代だから、ハーブは重宝された。

僕はコンセプトを作る仕事をしているが、
作るそれ自体にはヴィジュアルがない。文字だけの場合が多い。
だから、コンセプトを基に作られるデザインには非常に重きを置いている。
コンセプトなんて、形がなければ無意味の長物であるとさえ思っている。

デザインはユーザーによっては薬になる。
特にビジネスシーンでは。
目に入っているイメージを変えることは、見る人に驚きを与え、気分を高揚させる。
デザインというのは、素晴らしい効能がある。
そう思っていたし、今でも間違っていないと思う。

が、今日はそうは思えない。
元々薬がなかった時代だから、ハーブが重宝された。
弱っている今の自分には、なんとなく薬ではなくハーブの気分。
様々なヴィジュアルに驚かされたいのではなく、じわっと効く小説を読んで、頭の中でイメージを膨らませたい気分。

時には今日の僕みたいな、そういう気分のユーザーもいるのではないかと思うのだ。
WEBを見ていても、やはり目が行くのは写真だし、ずっと文字ばかりだと飽きてしまう。
でもそれは、僕自身のイメージの欠落を意味している。
飽きる自分を作ってしまっているのだ。
文字だけでも充分にイメージは湧くし、カメラや印刷技術がなかった時代でも楽しんでいた人は大勢いる。昔と今で人間の構造は全く変わらないから尚更だ。

今日はハーブティーを飲みたい気分なのである。

« 10月 2014年11月 12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平