1. TOP>
  2. Diary>
  3. 等間隔フェチ -Contextualized Objects vol.2-

Diary

等間隔フェチ -Contextualized Objects vol.2-

2014年10月31日 

我が家には、衣替え用の衣装ケースが4つほどある。
それぞれの引き出しの取手部分にガムテープにマジックで「冬服1軍」とか「2軍」などと書いてあります。
4つめのケースには「捨てる予備軍」という名前が書いてあり、次のシーズンまでに着なかったらそのボックスの中身をまるっとゴミ袋に入れて、捨てます。どんなに思い入れがあっても確認せずにドサっと。確認すると、やっぱり・・・という事になるのが関の山なので、キッパリお別れをします。
本当はリサイクルに出したりすれば良いのだろうけど、僕の中では物との清い別れも「ほら、お前は使わなかったじゃないか」と自分に戒めるために大切な行事としています。

前回書いた「物の生き様」というテーマがどうやら性に合っているようで、ひとまずネタが尽きるまで
これで連載をしてみようと思います。マークスさんはやはりデザインメーカーさんですし(笑)。

 

僕は物を等間隔に並べるクセがあります。
それが僕だけだと分かったのはオランダ留学時に友人が下宿先の部屋に入ってきて、
「ケンジの部屋はいたるところで物が等間隔に並んでいるな。」と言われたの時でした。

雑貨から日常使う殺虫剤の缶とかまで等間隔に並べると生活観がなくなって、どことなくオブジェ的な感じに見えるので、いつもそうしています。棚の中は仕事で使うペンとかが並んでてこんな感じ。DSC02278

DSC02279

 

いつも使うものを敢えてスペースを取って並べて展示しておくと、毎回そこにしまえば良いし、生活観のある物でも生活観が一定に消えるので、おすすめです。DSC_0033.JPG

 

外出してもついついそういう光景があると写真を撮ってしまうらしく(笑)。
これは友人のお宅にお邪魔して、飲み会が終わったあとにグラスを洗って拭いて並べてる人がいたので。
L1010489

DSC_0283名古屋名物ういろうも、食べる前に等間隔に並べてみたけど、とくに美味しそうにも見えず、ただ食材がこうやって並んでいる光景はあまりないのでなんか奇妙な感じがしました。

 

L1010091
木材屋さんの壁に飾られていた絵ですが・・・換気扇も絵として見てくれ!ということでしょうか(笑)。

 

IMG_0494
韓国の路上には、見事にグレートーンでまとめられたプランター(全部枯れてました)が良い感じで並んでます。これは今見ても非常に絵になっていて、等間隔フェチ心をくすぐります。

物の使い方以前の「置く位置」。
それひとつ取っても意外に楽しみ方は広がるものです。
是非目の前にある物、等間隔に並べて見てくださいね。

« 9月 2014年10月 11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平