1. TOP>
  2. Diary>
  3. 物の生き様 -Contextual Objects-

Diary

物の生き様 -Contextual Objects-

2014年09月30日 

僕は映画を見るのが好きです。
そんなに造詣が深いわけではないけれど。

自分以外の「人の生き様」を、少し俯瞰で垣間見える事って、現実の世界にはあまりないじゃないですか。それこそ映画の登場人物は、フィクションである時もあるけど、それも含めて映画の面白さかなと。

人が時間軸に溶け込む時、そこにストーリーが浮かび上がる。
それは僕ら人間の人生そのものと同じだからこそ、映画を見ていると自分と重なったり比較できたり。
だから映画は面白い。でもそれは映画だけ・人間だけでしょうか?

僕はお店で売っている物よりも、どこかで使われている物の方が好きです。
同じ物だったとしても、ショップではあまり気にならなかったものが、飲食店で使われていると妙に
気になってしまう。

それは、誰か持ち物になることで、物がその人の人生に取り込まれ、背景を伴って生き生きと見えるから。使われることで、物が生きている状態になるんじゃないかと。

で、写真を撮るか、探して実際に買ってみて使ってみる。
物によっては自分の人生に取り込んでみると、そこまで魅力的じゃなかった事も多い。
そういう時は敢えて「これは買って自分で使う物ではなく、どこどこの店で使われている姿が僕は好きだったんだ。」という結論に行き着くんです。

こんな使われ方したら物も本望だろう、というものから
その人の人間性が垣間見えるものまで

まずは僕が見つけた
誰かの人生に背景化された物、「物の生き様」を少し紹介したいと思います。

 

British actress and singer Jane Birkin leaves the Elysee Palace in Paris
芸能人が持っている系は嫌いなんですが、この人は別格。
ジェーン・バーキンのバーキンバッグ。本人曰くバーキンはこうやって好きな物を詰め込んで使うのが一番合っているとのこと。しかし、これはバーキンの概念を見事に打ち破ってくれています。

 

002
青山スパイラルで数年前に行われていたクリスマスコンサートの開催直前の風景。
クリップライトが譜面を照らしている姿がとても綺麗でした。

 

003
カフェの席についた時に、初めてその見やすさがわかりました。
椅子に座ってますから。

 

004
セメントデザインのHappy Face Clip。既に10年超えのロングラン商品です。
公私ともに仲良くさせていただいているのですが、これはなかなかハッピーな使い方だなぁと。

 

005
リチャード・ハッテンの子供用のコップDombo。カラーペンを一杯入れてはいどうぞ。
これは我が家での使い方ですが、知人の画家さんもたまたま同じ使い方をしてました。

 

物を大切にしましょう。
という言葉があります。でも、これは1つの物を長く使うという意味だけに留めておくにはもったいない。物が多い時代だからできる、物を大切にするやり方があると思うのです。ガイドラインに沿って使うだけではなく、もっと物と仲良くなれば、それは自分の人生を表現できる何かになる。
僕らが知恵と愛情を持って、物に接していけば・・・。

これらはほんの一部ですが、また幾つか紹介をしていきたいと思います。

« 8月 2014年9月 10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平