1. TOP>
  2. Diary>
  3. 世界の見かたが変わるとき

Diary

世界の見かたが変わるとき

2014年08月28日 

例えば何かにひどく落ち込んだとき、また喜びに満ちているとき。世界とは私そのものだと思うことがある。今私は、私というひとりの人間の心が投影された世界を、ただ見ているだけ。同じ花を見ても、きれいだなと思う人もいれば、枯れているな、と思う人もいる。だから世界はひとつにならないし、人は誰しも何かの思い込みによって心は支配されている。

そんな世界を、一冊の本が広げてくれた。

大学卒業後、約2年ほど雑誌『+81』というデザイン誌の編集者をしていた私は、その当時、デザインとは気持ちの高揚に繋がる装飾であり、現状よりもより良いカタチにするものであり、お洒落なもの、かっこいいものを作るための思考と作業のことだと思っていた。

仕事を通じて、私は様々なデザイナーが手がけた作品に触れる機会に恵まれた。個性を感じる作品に触れては、気持ちは高揚した。ところがその繰り返しの日々のなかで、いつしか心は満たされなくなっていった。目の前に積み上がる様々な作品集を見ながら、少し虚しさすら思う。本という物体もまた好物なデザインだったはずなのに……。

そんなとき、たまたま立ち寄った書店で偶然目に止まった本が『クジラは潮を吹いていた。』だった。そのシュールなコピーに惹かれ手に取ってみると、著書はグラフィックデザイナーの佐藤卓さんだという。本を開いてみると、過去に佐藤さんが手がけた仕事の写真とともに、その制作秘話が綴られていた。

写真 1

 

読み進めるに連れ、佐藤さんの、デザインに対する優しくも鋭いわきまえが立ちこめてくる。何より不思議なのは、どのページを開いても、デザイナーではない私が自分事にできる言葉に満ちていたことだ。なかでも私の視界を拓いてくれたくだりがある。

「個性は対処の仕方にあるのであって、表現に存在するものではないというのが私の考えである。個性から表現は出てしまうのであって、個性的な表現をすることに意味はない。個性とはそんな表層を指す言葉ではない。』(『クジラは潮を吹いていた。』P144から引用)

目から鱗だった。それからというもの、私は人に対して、また人が生み出した作品(デザイン)に対しても思いを寄せる角度が変わっていった。それはきっと個性の本質に気づくことで、結果的にデザインの持つ可能性を知れたのだと思う。やがて私自身も、自分らしさを考えることはなくなった。考えるべきはそこではなくて、目の前の対象や課題に対して、ただ真っすぐにぶつかっていくこと。相手の話や希望に耳を傾けること。それがすべてで、そこだけに集中するようになっていった。

知っていて、知らないこの世界。矛盾をはらむ世界の見かたは、いつだって自分の側にある。そして人生の醍醐味とはきっと、この世界の見かたを増やしていくことにあると思う。この『クジラは潮を吹いていた。』は、まさに私に世界の見かたを教えてくれた。

また、同じ存在として、もう二冊。『単純な脳、複雑な「わたし」』(池谷裕二)『Frida by Ishiuchi』(Ishiuchi Miyako)もまた、いつも書棚に置いてある。

写真

写真 3

« 7月 2014年8月 9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平