Diary

現代美術のハードコアは
じつは世界の宝である

2014年07月31日 

僕は食品や生活用品を、大型スーパーで買います。
八百屋、肉屋、酒屋、とバラバラに買い回ることは少なくなりました。
ただ、そこには店主のこだわりだと雰囲気とか、失ったものもあるなと感じています。

 

IMG_0021

東京国立近代美術館で開催されている「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展」(以下ハードコア展)。テーマが面白そうだなと思い、調べてみると美術館が一人のコレクター(財団)のコレクションを展示するという風変わりな企画だということがわかり、早速見に行くことにした。
(写真:マーク・クイン /神話<スフィンクス> スーパーモデル、ケイト・モスをモデルに)

簡潔には、台湾のヤゲオ財団の理事長ピエール・チェンの自宅などで飾られている絵画を持って来て展示するという極めて私的なコレクション展示。しかし、ラインナップはフランシス・ベーコン、ゲルハルト・リヒター、アンディー・ウォーホル、アンドレアス・グルスキー、サンユウ、ロン・ミュエクなど蒼々たる顔ぶれ。
市場価格数百億円相当のコレクションが、上野でも六本木でもなく、竹橋の美術館で見られるという。

以前国立新美術館で行われたグルスキー展にも行き、彼の考え方や表現の緻密さに驚いたのだが、グルスキー展がアーティストの単独コンサートだとすると、今回のハードコア展は野外フェスのようなそれぞれの作品の間にある価値観や、異例の組み合わせによる化学反応が非常に新鮮だった。
コレクターと美術館が協業するということで、今美術館が直面している問題や、我々一般人が社会に対しての意味やメッセージを再考させるきっかけを非常にわかりやすく作ってくれていた。

今回の企画キュレーターである保坂健二郎が我々と同じ30代ということもあり、解説文なども非常にわかりやすく書いてあったのが印象的で現代美術について初心者な僕でも、楽しむ事ができた。

特徴的だったのは、多くの作品に市場価格がはっきりと明記されていたり、解説文が上下に分かれていて、上は美術的見地から下は文化経済学的な見地から書いてある事など、美術専門的になりすぎることなく、作品と社会がどういう接点を持ち、それが今どういう価値を生み出しているかを、金額というあくまで普遍的な単位も用いつつ、見る人それぞれの視点で解釈できるように構成されている。

ピエール・チェンというコレクター「大富豪展」を国立の名前を冠した機関でやるというのはどうなんだと議論が出たらしいのですが、一人の買い物(この場合は大きな買い物ですが)だからこそ、僕は面白いかなと。
○EAMSで洋服を買ったとしても、○EAMSさんという名前の人がいるわけではなく、沢山のバイヤーさんが選んだ物を見ているわけで。
今回の展覧会も普通の企画展だったらここまで面白くはなかったように思います。
「純粋なアート好きの消費行動から、その人の生き様や価値観」を垣間見えるから、面白い。

お金さえあれば、ピエール・チェンのようにアートを自宅で楽しめるわけですが、じゃあ何をどういう価値で選ぶのか?
そこにはお金だけではない、アートを買うという行為を通して、「自分が考える価値との対話」があるわけです。

買い物。
それは誰にでも平等に与えられている。
誰にでも、現代美術を楽しむ権利がある。

東京での期日は8月24日(日)まで。
是非足を運んでみてください。

DSC00013

ーーーー
『現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展』
http://sekainotakara.com/
東京国立近代美術館で開催中。
8月24日まで。その後、名古屋市美術館、広島市現代美術館、京都国立近代美術館を巡回。

« 6月 2014年7月 8月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平