1. TOP>
  2. Diary>
  3. Mr.Nobody / 人生の選択には意味がある。

Diary

Mr.Nobody
人生の選択には意味がある。

2014年06月30日 

DSC05363

これは、丁度10年前位の写真。
手ブレが凄いので何の写真がわからないと思いますが、
当時オランダの大学院に留学していた部屋から見える景色。
日本に比べると、あまりカーテンをしていない家が目立つのが印象的で、窓の光の色がそれぞれ違って
いて「なんか綺麗だな。」と安直にシャッターを切った写真が、10年後こういう使われ方をするとは思
ってもみなかった。

最近、なぜかオランダづいている。
まさにこれを書いている今日、ワールドカップのオランダ代表が対メキシコに逆転勝利でベスト8に進
出した。きっとダメだなと思っていた後半の40分台にあれよあれよと同点に追いつき、逆転勝利。
結果を出してサラッとピッチを去って行く。彩度の高いオレンジのユニフォームは見た後に残像が残る
し本当この国はインパクトを残すのだけは才能がある。
そして結果も残す、これがオランダだ。

時同じくしてオランダ大使館にて「Alumniオランダ卒業生ネットワーク」という活動発足レセプション
が行われた。オランダに留学していた経験のある人が集まるシンプルなコミュニティーですが、
人生の多感な時期に「オランダに行くという選択」をしたバックグラウンドが共通であるというだけで
その場にいる人々はほぼ初対面にも関わらず、どんどんと繋がっていく。
いつ・どこで・何を・どんな気持ちでしていたか? 留学時は特にその記憶が鮮明なのか、
話している内にその時の光景や感情を思い出せた。
そんな光景が非常に面白い会であったし、これからもこの繋がりを大切にしたいと思う。

Mr.Nobody

 
選択の自由。
どんな選択をするかは「答え」を決める行為であるけれど、そもそも目の前の「それ」がいくつの選択
肢を持つか?という事をどれだけ感じられるかが最近気になっています。
選択のディティール、とでもいいましょうか。

そんな考えに改めて気づかされたのが、2011年に公開された「Mr.Nobody」という映画。
「八日目」などで知られるベルギーのジャコ・ヴァン・ドルマル監督が、不死の世界になった近未来を
舞台に人生の選択について描くユニークなファンタジー。世界で唯一残った死を迎える人間の過去をさ
かのぼり、その男と3人の女性とのそれぞれの運命をつづっていく。(Yahoo映画より)

2092年、医学が発達し人類は不老不死を実現した時代から物語はスタート。
死ぬ事を決めた主人公ニモが人生を振り返っていくんですが
過去を何回も切り取り、あの時こうしていたらああしていたら、というシーンが平行して何回も描かれ
る、パラレルシフト系の映画。

メインは3人の女性の誰と結ばれたらどんな人生を過ごしていただろうか?という軸なのですが
この映画が面白いのは、選択肢が非常に細かく、その一つ一つが綿密に描かれている所。
「それを選択肢にする?」というシーンや、必ず悪い事が起きたり、そのどれもが空想ではなく現実と
して描かれ進んで行くところに、リアリティ描写の凄みを感じます。

観客としては、「どれが本当にあった人生なんだろう?」と推測をしながら見るのですが、
物語はそういう結末には進まない。
選択の枝分かれはどんどん広がり、段々と収拾がつかなくなってくる。
最後に待っていたメッセージはとても太く強烈な物だったのです、僕的に。

パラレルシフト系の映画は難解になりがちですが、「Mr.Nobody」は画面の色やカメラワークにより
それぞれのシーンが繊細に描き分けられており、ほぼ混乱することなく自然に見ることができました。
僕の歴代ナンバー1の映画になったのは言うまでもありません。

相手の意見を聞くかどうかも自分の自由。
嫌だと思うか思わないかも自分の自由。
選ぶのも選ばないのも自分の自由。
それを選択肢と思うかどうかも・・・。

普段気をつけてはいても、いかに自分が当たり前の感覚で色々な事を無意識化に見、
放っているかを思い知らされました。
「どれだけ細かい事を目の前から拾えるか、その感覚があれば自分らしい人生は送れるよ。」
そう言われているような傑作の一本に巡り会えた事もまた選択。

Mr.Nobody
2009年/フランス、ドイツ、ベルギー、カナダ/カラー/137分/
提供:アスミック・エース エンタテインメント 配給:アステア
監督・脚本:ジャコ・ヴァン・ドルマル  撮影:クリストフ・ボーカルヌ
美術:シルヴィー・オリヴィエ  編集:マティアス・ヴェレス、スーザン・シプトン
出演:ジャレッド・レトー サラ・ポーリー ダイアン・クルーガー リン・ダン・ファン

« 5月 2014年6月 7月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平