1. TOP>
  2. Diary>
  3. 物と情景 -Seoul 2014.3-

Diary

物と情景 -Seoul 2014.3-

2014年05月30日 

IMG_0021
縦置きのティッシュケース”STAND”を使い始めてそろそろ、7,8年になる。
ダイニングテーブルを買ってからというもの、テーブルの端ギリギリに置いて使うのが定位置。
真ん中であれば立てる必要はないが、やはりテーブルの上に置いておきたいのでこの位置が我が家の場合ベストである。
常々思うが、物というのは使い始めて数年経ってようやく「自分の物」になる気がする。
自分の生活にうまく馴染んだ情景が、一番脂が乗った状態ではないだろうかと思ってる。

情景。
それは、そこに暮らし住まう人達の生活の蓄積そのものが、景色となり僕らの目に見えている状況。
無数の物や自然を使いこなした、人情の景色だ。
情景には様々な要素が関わっている。偶然置いてある他の物との関係性、その時の見る人の感情。
物が周りと調和し背景に溶け込む瞬間、そこには何かしらの文脈が生じ、物に意味が付加される。
合っているか間違っているかはさておき、それを何となく想像したり楽しんだりする行為が僕は好きだ。

去る3月、韓国ソウルへ行ってきた。

3年前に訪れた時に比べ、日本にとても近い街並みになってきた感じがあり、勢いを感じた。
東大門スタジアム跡地に建設されたデザインに特化した施設、Dongdaemun Design Plaza(www.ddp.or.kr)がオープンし、デザインという言葉自体も国内全体へ浸透を増している。

繁華街を見渡せば、至る所にカフェ、カフェ、カフェ。
韓国人の友人に聞くと、ランチタイムはご飯を食べ、二軒目でコーヒーを飲むというのがお決まりコースらしい。確かに平日の昼間から、満席に近いカフェがちらほら見られる。

 

korea 549

IMG_0769

korea 547
韓国の色使いは独特で、特にゴールドの使い方が上手い。
つや消しのゴールドの箸や食器でたべる韓国料理は、また見え方が全然違う。

 

IMG_0756

IMG_0759
ライフスタイルショップ chapter1のオリジナルプロダクト「GOLD HOOK」。
http://www.chapterone.kr/

 

IMG_0247
食素材のプレゼンテーション。韓国食材とゴールドのトレイの相性が美しい。

 

korea 422

IMG_0623
キョンボックン駅周辺にあるブックショップより。
シェルフを少しアレンジして組み立て、ファンクショナルな本棚に変身させていた。お見事。
また、小物類は画用紙用の棚に収納しディスプレイ。

 

IMG_0387
店舗の工事現場より。看板の取り付け前だろうか、バラバラになったハングルは文字の顔をしていない。

 

IMG_0159
整形大国ならではか、こういう紙袋を良く見かけた。
美しいビジュアルが捨てられているというのは、なぜか意味深いメッセージ性を感じる。

写真に写せない情景。それは人の精神性だ。
久々に訪れたソウルからは、「大陸感」を強く感じた。
島国とは違う、「この先にずっと陸が続いているんだから、強い意志を持っていないと!」と云わんばかりの
食文化や日常のしぐさなど、節々からそれを垣間見る機会が多かった。
都市部の街並みなどが日本に似てきているからこそ、余計に。

  2014年5月 6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Authors

加藤 孝司加藤 孝司
水島 七恵水島 七恵
野本 哲平野本 哲平